【エルムS/追い切りジャッジ】オメガレインボーに「A」評価 心身ともに充実で「どんな展開でも食い込んできそう」

■オメガレインボー

【中間調整】前走・マリーンSは早めに仕掛ける正攻法。抜け出したところでやや気を抜いてしまったか、スワーヴアラミスにハナ差だけ及ばなかったが、この舞台で安定して走れるところをオープンクラスでも証明した。その後はこのレースに向け、函館滞在。7月23日にウッドコースで14-14を初時計を出し、28日の1週前も14-14程度の調整を行った。時計的にはやや拍子抜けするところだが、2走前・アハルテケSの時点で体も心肺機能もある程度仕上がっており、強い負荷はもう不要。メンタルと走りのバランス調整に専念できている。

◆【レパードS2021予想/データ攻略】3歳ダート重賞は今年も波乱に期待 使者となるのは「夏男」騎乗の伏兵馬

【最終追い切り】中間付きっ切りで稽古をつけている横山和騎手がこの日も騎乗。ゆったり入りラストの反応を見る程度の内容だったが、ゴール手前では馬自ら気持ちを乗せて鋭伸した。

【見解】中間の落ち着きぶりは特筆レベル。鞍上とのコンタクトも深まるいっぽうで先週、今週とまさに鞍上の意のままに動かされているような雰囲気だった。全体的に時計は地味だが、今週は機敏な加速ができており精神面はすこぶるいい状態のようだ。どんな展開でも食い込んできそうな雰囲気が漂う。

総合評価「A」

◆【エルムS2021予想/追い切りジャッジ】前走大敗の伏兵馬に「S」評価 圧巻の追い切りで「本領発揮」か

◆【エルムS2021予想/追い切りジャッジ】アメリカンシードに高評価「A」 函館入り後も順調で「走る気にあふれている」

◆【エルムS2021予想/追い切りジャッジ】上位人気想定のGI実績馬をバッサリ 追い切り気迫不足で低評価「B」

著者プロフィール

西村武輝(にしむらぶこう)●フリーライター
競走馬の追い切り評価を専門として、ネットメディア中心に執筆を続けているフリーライター。現在、UMAJIN.net「競馬サロン」においては毎週の重賞出走全頭のレポートを執筆、担当。またプロレス関連業界にも関わっており、週刊プロレスや書籍等への寄稿歴もある。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします