【格闘技/UFC】元RIZIN王者マネル・ケイプが痛恨の体重超過…リリース回避には難敵相手の“完勝”が必須

前日計量でのマネル・ケイプ(C)Getty Images

RIZINバンタム級王者のマネル・ケイプが、8月7日(日本時間8日)にヒューストンで開催される「UFC 265」に参戦する。

ケイプはUFCデビューから現在2連敗中であるが、今回の対戦相手は前戦で圧巻の「26秒KO劇」を演じた強敵。さらに6日(同7日)に行われた前日計量では痛恨の体重超過となり、文字通り“背水の陣”で大一番に臨むことになる。

【実際の映像】マネルケイプ、体重超過もフェイスオフでは闘志爆発……オズボーンと一触即発となった試合前日の一部始終

■前日計量でまさかの体重超過

「UFC 265」でケイプと激突する相手はオデー・オズボーン。「ザ・ジャマイカン・センセーション」の異名を持つ29歳だ。MMA通算戦績は9勝3敗となっている。直近では2月に行われた「UFC ファイトナイト184」で、ジェローム・リベラ相手に開始26秒で圧巻のKO勝ち。差し合いからの左ストレートで一発ダウンを奪い、UFC2戦目で待望の初勝利を挙げている。

現地メディア「BJPENN.COM」では、試合を前にしたオズボーンのコメントを紹介。オズボーンは「生涯において最も重要な一戦となる。この試合で自分の未来が決まる」と闘志を燃やしており、元RIZIN王者を撃破し自身の存在価値を証明するつもりだ。

前日軽量ではオズボーンが無事にパスする一方で、ケイプはまさかの3ポンド(約1.3キロ)体重超過となり、報奨の20パーセントをオズボーンに支払うこととなった。

UFCで2戦連続の判定負けを喫しているケイプだが、その立ち位置はこれでより危うくなっている。オズボーン戦で周囲の雑音をシャットアウトする快勝を残せなければ、いよいよリリースも避けられないだろう。

■戦前予想ではマネルケイプが優勢

はたしてケイプに勝機はあるのか。前日時点の海外ブックメーカーや専門メディアの予想では、ケイプ優勢との見方も多い。大手ブックメーカー「Bet365」では、ケイプ勝利に「1.47」、オズボーン勝利に「2.75」というオッズを設定している。

また、各スポーツのデータ分析を行う海外メディア「The Stats Zone」も、戦前特集の中でケイプの勝利を予想。「両者ともにサウスポー、かつ強打が売りだ。オズボーンの方が体格面では有利だろうが、もしディフェンスでほころびを見せてしまうとケイプに捉えられてしまうだろう」と記し、ケイプのKO勝利と結論を出している。

RIZIN時代から変わらず熱烈な応援を続ける日本のファンのためにも、ケイプは待望のUFC初勝利を掴めるか。

◆UFC連敗のマネル・ケイプに米有識者が“同情” 試合後はケイプ支持一色「これはダメな判定」

◆那須川天心、バンタム級王者・鈴木真彦との6年越しリマッチも“フェイスオフ拒否”の理由

◆吹き荒れるカーフキック旋風 完敗マクレガーも衝撃「経験したことない」

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします