【エルムS&レパードS/騎手データ】南北の“買いの騎手”は大穴馬に騎乗 夏のダート重賞は大波乱か

8日は函館競馬場でダート重賞エルムS(GIII、ダ1700m)、新潟競馬場で3歳限定のダート重賞レパードS(GIII、ダ1800m)が行われます。

エルムSは基本的に札幌ダ1700mを舞台に行われてきた重賞で、函館競馬場で行われるのは2013年以来8年ぶりです。先週のクイーンSと同様の説明になってしまいますが、ほぼ平坦な札幌競馬に対し、2コーナーから4コーナー先頭にかけて緩やかに上り、全体の高低差が約3.4mと起伏があるのが函館競馬。そのため過去のエルムSのデータは参考程度に捉える方がいいでしょう。

一方、レパードSは2009年創設の若いレースですが、一貫して同舞台で行われてきたため過去データを活用できそうですね。

今回は2000年以降の函館ダ1700m戦(OP以上)の過去データ、2009年以降のレパードSの過去データ、2009年以降の新潟ダ1800m戦の過去データを基に気になる騎手データを見ていきます。

◆【レパードS2021予想/データ攻略】3歳ダート重賞は今年も波乱に期待 使者となるのは「夏男」騎乗の伏兵馬

■函館ダ1700m戦(OP以上)では岩田康誠騎手が安定

まずは2000年以降の函館ダ1700m戦(OP以上)の成績データを基に、今年のエルムSに乗り鞍がある騎手の成績を表にまとめています。

2000年以降、函館ダ1700mで重賞が行われた機会は2013年のエルムSの1鞍しかないため、対象をOP以上としました。

[2000年以降]函館ダ1700m戦(OP以上)の騎手別成績

データを見ていくと、過去の騎乗数が3鞍以下に留まる騎手が多く、ややサンプル不足。そのため過去10鞍以上の騎乗経験がある5騎手の中から見ていくと、着順と人気のバランスに優れ、連対率も優秀な騎手がひとり見つかります。

それが栗東のベテラン岩田康誠騎手です。

2011年7月のマリーンSから2015年7月のマリーンSまで、この条件で5戦連続で3着以内を確保した経験もありますね。2015年の大沼Sでは4番人気のジェベルムーサを1着に導いており、伏兵馬でも軽視は禁物です。

同騎手は前日17時時点でブービー人気(13番人気)のデルマルーヴル(牡5、美浦・戸田)に騎乗予定。人気は全くありませんが、切るよりは押さえた方が良さそうですね。

■軸なら横山和生騎手かC.ルメール騎手

また、過去騎乗数こそそれぞれ2鞍、3鞍と少なくサンプル不足ではありますが、それでもデータ的に見逃せないのが横山和生騎手とC.ルメール騎手です。

横山和生騎手は今年のマリーンSで5番人気だったオメガレインボー(牡5、栗東・安田翔)を2着に導き、エルムSでもそのまま騎乗予定。

C.ルメール騎手は今年のマリーンSのタイムフライヤー(1番人気12着)で大敗したものの、他2回は勝利を収めていて、高い勝率と連対率が魅力ですね。同騎手は前日17時時点で1番人気のアメリカンシード(牡4、栗東・藤岡)に騎乗予定。

函館重賞ではやや冴えない傾向にあるC.ルメール騎手ですが、先週のクイーンSをテルツェットで勝利しており、今年は少し違うかもしれませんね。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします