【東京五輪】「がんばれ、ニッポン」も「感動をありがとう」も解決できない、Tokyo2020がつまびらかにした東京の課題点、世界の問題点

(C)Getty Images

歴史上初めて、1年延期となり、かつ無観客で開催された東京五輪が閉幕となった。ちょっとした喪失感でいっぱいだ。

政治的な力学も必要なこうした国際大会は常に賛否両論入り乱れるのが常だ。何度も記しているが2016年東京五輪招致も目の当たりに、「トキオ」発声の際は東京・日比谷の東商会館にて真夜中の歓喜の輪にいた者として、五輪招致そのものは賛成派であり、ましてや2019年ラグビーワールドカップ大成功の後とあっては、その到来に胸を踊らせたものだ。

◆あらためて考えたいスポーツの存在意義 東京五輪開会式に思う

■依然と続く感染症の猛威

しかし、W杯の熱に浮かされている間、世界は新型コロナウイルスに席巻された。21世紀の叡智を持ってしてもその対応策は乏しく、2021年8月8日の時点で世界の感染者数は2億人、死者数は427万人を越え、いまだに毎日1万人がその生命を落としている。太平洋戦争の日本の死者数は300万人と言われ、それを上回わる。

先進国においてワクチンは行き渡るかのように見えるが、変異種の登場もあり、まだまだその終焉は予断を許さない。この2年は、人類が未知のウイルスの前にいかに無力であるかをさらけ出す結果となり、また対ウイルスという局面においてさえ、国際的強調は限定的だという事実も突きつけられた。

特に世界的にスポーツもその余波を受け、国際大会は次々と延期、または中止に追い込まれた。東京五輪のもちろんそのひとつだ。国内でも感染対策は進まぬまま、世論では半数以上の開催反対に直面しながらも、大会は実施され、閉幕後も苦々しい思いを抱く人々は多い。

その一方で感染症と無関係な問題点をいくつも浮き彫りにした。

■世界の問題や国内の課題が浮き彫りに

現在の選手村に建設予定だった2016年のメインスタジアム

中国情勢に見える国際的分断、アメリカにおける社会的分断、サプライチェーン分断により露呈した世界的産業構造の弱点、さらに南北格差の拡大も露呈。7月16日には国連のグテーレス事務総長が、オリパラ期間中の紛争休戦を呼びかけたものの、世界各地でその兆候は見られず、アフガニスタンではタリバンが勢力拡大を図るなど雲行きの怪しさを増すばかり。

東京での虚しい祭りが少しでも和平貢献の役割を果たすのでは……という期待は空振りに終わった。

日本では難民申請者に対するゼノフォビアにおける分断や、ジェンダーイシューの根深さ(これにより組織委員会元会長が辞任した件は記憶に新しい)、祭典を担当していた文化人と思しき面々のセクハラ、パワハラ、いじめなどモラリティの欠落、それによる五輪担当者の辞退の連続(この影響か、開会式、閉会式もこれまでの人生で眺めるもっとも退屈な催しとなった)、ダイバシティ、多様性は念仏のように唱えるが実態はなく、「復興五輪」も形骸化、SNSでは自分の惨めさを棚にあげアスリートを誹謗中傷するネット民たち、さらにワクチンの職域接種には、これまで目に見えなかった社会的階層さえ存在するのはないかと疑念さえ抱いた。

2016年の招致でも「コンパクト五輪」を目指していた

こうした出来事は、日本人特有と思い込んでいた美徳や道徳は、砂上の楼閣だったという現実を暴いてみせた。そんな中、半数の国民の意にそぐわぬ形で五輪は実施された。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします