【格闘技/UFC】元RIZIN王者マネル・ケイプ、完勝で存在感発揮も“平謝り” 計量失敗の原因とは…

マネル・ケイプ(C)Getty Images

UFC 265」は7日(日本時間8日)、米国テキサス州ヒューストンのトヨタ・センターで行われ、アーリープレリム・フライ級に、元RIZINバンタム級王者マネル・ケイプが参戦。前回「26秒KO劇」を見せたオデー・オズボーンに、1ラウンド4分44秒KO勝ちをおさめた。

前日計量で3ポンド(約1.3キロ)の体重超過となり物議を醸したケイプだが、見事なKO勝利で存在感を発揮。試合後には怪気炎を上げるとともに体重超過の理由について明らかにした模様を、米Yahoo Sportsが報じている。

◆【実際の動画】マネルケイプ、1ラウンド残り20秒の飛び膝蹴りにオデー・オズボーンが崩れ落ちる瞬間

■体重超過については“平謝り”

試合序盤は両者、慎重な試合運びを見せつつも、ケイプが的確にワン・ツーを入れ徐々にペースを握る。スタンディングの攻防が続き、決定打が出ずこのまま1ラウンド終了と思われた残り20秒、ケイプの右飛び膝蹴りがオズボーンの顎を捉え、「26秒KO男」が崩れ落ちる。間髪入れずケイプがパウンドに持ち込んだところで、レフェリーが両者の間に入り、ケイプの勝利が確定した。

ケイプはUFC参戦から2連敗を喫しており、リリース危機とも言われていたがこの勝利で元RIZIN王者としての意地を見せたことは間違いない。米Yahoo Sportsでは、試合後のケイプのコメントを紹介。「自分のことは格闘技界屈指の『賢いファイター』だと思っている。オクタゴンでは他の選手が見えないことも、自分には見えている」と怪気炎を上げた様子を報じている。

しかし、物議を醸した体重超過については“平謝り”。記事によるとケイプは「UFCと対戦相手には申し訳ないと思っている。今後こういったことは起こさない」と語り、「減量もあり非常に空腹で、食べるべきではないものを口にしてしまった。減量に取り組んだが健康面に影響がでると感じた」と舞台裏を明かしている。

この勝利でひとまずはUFCからのリリース危機を脱したケイプは、次戦以降への闘志も燃やしており、「自分はトップ5に名を連ねるべき存在。元世界チャンピオンであり、UFCでもそうあるべきだ」と語っている。

◆マネル・ケイプ、1ラウンドKO勝ちで「自分はベストファイター」と怪気炎、ボーナスも要求

◆UFC連敗のマネル・ケイプに米有識者が“同情” 試合後はケイプ支持一色「これはダメな判定」

◆吹き荒れるカーフキック旋風 完敗マクレガーも衝撃「経験したことない」

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします