【甲子園】常葉大菊川のユニフォームがヤンキースみたいでかっこいいと話題に…阪神に似ているという声も

第100回全国高校野球選手権大会10日目の第2試合で、常葉大菊川(静岡)が日南学園(宮崎)と対戦。常葉大菊川の先発・漢人友也投手が完封し、3-0で勝利した。

常葉大菊川は三回、奈良間大己選手が二塁打で出塁して好機を作ると、鈴木琳央選手の適時打で先制。中盤、終盤にも1点ずつ加点し、終始試合をリードした。

投げては、先発の漢人投手が打たせてとるピッチングを展開。わずか88球の省エネで日南学園打線をシャットアウトした。

3回戦に見事進出し、16強入りを決めた常葉大菊川。SNS上では試合の内容はもちろん、ユニフォームにも多くの注目が集まっていた。

ヤンキースみたいでかっこいい

常葉大菊川のユニフォームは白地のピンストライプで、左胸にはニューユーク・ヤンキースを彷彿とさせるロゴが刺繍されている。

確かにパッと見た感じでは、ヤンキースのユニフォームに見えなくもない。

一方、白地にストライプと言えば… ということで想起するファンも多かったのか、このような声も挙がっていた。

阪神にも似ている

ヤンキースのユニフォームに似ているという声だけでなく、阪神のユニフォームにも似ているという声も多く寄せられていた。

日米の人気球団に喩えられた常葉大菊川。今後の戦いぶりもそうだが、ユニフォームに注目してみるのも面白いかもしれない。

≪関連記事≫

2018プロ野球ドラフト会議直前!注目選手と各球団の動向、ファンの反応は?

【甲子園】常葉大菊川・奈良間大己の「予選打率8割」が全国の高校野球ファンに発見される…“恐怖の1番打者”に騒然

横浜高校VS花咲徳栄の”超強豪”対決直前でファン興奮!“楽しみ派”と“複雑派”に分かれる

【甲子園】金足農、全力で校歌を歌う姿が胸を打たれると話題に

【甲子園】横浜高校が「強すぎる」と話題に…ランニングホームラン、グラブトスからのダブルプレー等でファンを魅了

インタビュー

狩野舞子が“リアルな”新作ゲーム『スパイク バレーボール』に挑戦したら「バレーボールあるある」が満載だったPR

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします