【高校野球】横浜が1998年以来の優勝目指し初陣 要注目は強力打線と“1年生エース”杉山遥希

第103回全国高等学校野球選手権大会の第2日は11日、甲子園球場で1回戦4試合が行われる。

第2試合では広島新庄(広島)vs.横浜(神奈川)という、1回戦屈指の好カードが予定されている。神奈川県勢と広島県勢による甲子園での対戦成績は、夏は神奈川の3勝2敗で、現在3連勝中。春夏合わせても、神奈川7勝、広島4勝と、神奈川が優位に立っているが、今夏は果たしてどのような結末となるか。

◆メジャースカウトが分析 今夏の甲子園で将来性を感じさせた2人の長身投手とは?

■県大会打率.469の打線が火を噴くか

春3回、夏2回の全国制覇を誇る横浜は、夏の神奈川大会では7試合を戦い、100安打を記録。大会新記録の94得点と猛打をふるい、チーム打率.469の強力打線が大きな特徴だ。春は東海大相模が制しており、神奈川県勢として“春夏連覇”を目指して甲子園に乗り込む。

主に1番で打線を引っ張る緒方漣、エースナンバーを背負う左腕・杉山遥希と、ともに1年生が存在感を発揮。緒方は地方大会の打率が.455で、四死球も10と、リードオフマンとしての役割を果たし、金井慎之介立花祥希宮田知弥のクリーンアップで得点を挙げるのが必勝パターン。切れ目のない打線が、甲子園でも火を噴くか注目だ。

1年生エースの杉山は、地方大会で4試合に登板し、18回1/3で5失点と安定した投球を披露。カーブやチェンジアップなどの変化球を低めに集める投球スタイルで、奪三振率8.53と三振も取れるピッチャーだ。背番号1を背負い甲子園に臨むが、地方大会は全試合継投で勝ち上がっており、宮田や2年生の田高康成といった右腕も安定している。層の厚い投手陣でゲームメイクをできるかが勝負のカギとなりそうだ。

◆県内無敗、春夏連続出場の広島新庄 横浜撃破のカギは鉄壁投手陣と機動力

◆優勝候補の大阪桐蔭と東海大菅生が初戦で激突 明桜157キロ右腕・風間にも注目

◆“飛びすぎる金属バット”の見直しで高校野球はどう変わる? 現場指導者の見方は…

第2日 8月11日(水)

智弁学園(奈良)vs.倉敷商(岡山)
広島新庄(広島)vs.横浜(神奈川)
高岡商(富山)vs.松商学園(長野)
東北学院(宮城)vs.愛工大名電(愛知)

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします