横浜高校VS花咲徳栄、波乱の試合展開にSNS上でも「すごい試合だった」「感動した」

8月14日に行われた第100回大会全国高校野球選手権大会第3試合で、横浜高校(南神奈川)が昨夏優勝校の花咲徳栄高校(北埼玉)に8―6で勝利した。花咲徳栄は夏の甲子園で史上7校目となる連覇を逃した。

9回裏2アウトまで目が離せない波乱の展開

先発した横浜2年生左腕の及川雅貴(およかわ・まさき)投手が7回途中まで粘りの投球。最終回には花咲徳栄に2点差まで追い上げられたが、なんとか逃げ切って勝利をその手で掴んだ。

及川投手は立ち上がりの初回に先制点を許すも4イニングを無失点に抑える力投。及川投手を援護したい横浜打線は3回に同点に追いつくと、4回に打者一巡の猛攻で6点を奪い、さらに6回に1点を追加した。

7回途中からは板川投手、黒須投手で継投し、8-4で迎えた9回裏。黒須投手は最終回に1死満塁のピンチを招き、内野安打と押し出し死球で2点を失い2点差まで追い上げられるも、最後の打者を三振に打ち取った。

SNS上では「すごい試合だった」「感動した」

さすが”超競合”同士が対戦した今大会屈指の好カード。

最終回に花咲徳栄高校が猛烈な勢いで追い上げる試合展開に、「最後は逆転されるかと思った」「横浜は最後の方ヒヤヒヤやったやろうなー」「最後まで目が離せなかった」「すごい試合だった」との声がSNS上でも溢れた。

「事実上の決勝戦だろう」との呼び声を裏切らない、高レベルの熱戦となった。

甲子園らしく、まさに「何が起こるか予想できない」展開で、ファンもヒヤヒヤしつつ心を動かされたようだ。

試合後にはこの戦いに「感動した」という声が多く寄せられていた。

≪関連記事≫

2018プロ野球ドラフト会議直前!注目選手と各球団の動向、ファンの反応は?

【甲子園】横浜高校が「強すぎる」と話題に…ランニングホームラン、グラブトスからのダブルプレー等でファンを魅了

【甲子園】横浜高校・度会隆輝は今夏の代打成功率10割!スーパー1年生の登場に騒然

花咲徳栄・野村佑希、今年は”二刀流”スラッガーに…プロ野球ファンも獲得を望む逸材

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします