【MLB】大谷翔平、今季7勝目も「まだまだ状態上がる」 現地放送局も即座に反応

今季7勝目を挙げたロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平(C)Getty Images

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平投手は12日(日本時間13日)、本拠地でのトロント・ブルージェイズ戦に「1番・投手」でスタメン出場。

投手としては6回3安打2失点と試合を作り、自身6連勝で今季7勝目を挙げた。また、打者では初回、打球速度112マイル(約180キロ)の弾丸ライナーとなる二塁打を放った。続く第2打席は四球、第3打席は中飛、第4打席は見逃し三振、3打数1安打1四球で打率は268。大谷は6回でベンチに下がった。

エンゼルスは2回にフィル・ゴセリンジャレッド・ウォルシュのタイムリーなどで6-3でブルージェイズに勝利。連敗を2で止めて、勝率5割となった。

◆【動画/会見】大谷「調子はもっと上がっていく」好投の要因とは……

■「調子が良いというわけではない」

自己最多を更新する7勝目を挙げた大谷は、会見で「悪い時でも試合を作れているのはいいことだが、最高の状態ではないと思っている。フィジカル的には状態は良いと思うが、まだ上がってきている状態だと感じている。身体全体を使ってまだまだ上がると思う」と調子が上向き傾向にあるとした。

また、1番打者として出場していることに対して「基本的にはやることは変わらないが、後続にフレッチャーやウォルシュがいることによってストライクゾーンで勝負することも多くなってくる」と話した。

このコメントについて、現地放送局「バリースポーツ・ウエスト」がTwitterで反応し、「ショウヘイはまだ彼の潜在能力を発揮していないと言う」と驚きを隠せない様子だった。

大谷は38本塁打で2位のゲレーロJr.に3本差のトップ、打点ではゲレーロJr.が大谷と4点差でトップと、打撃成績では接戦と言えるが、今季7勝目と“二刀流”の活躍を続けている大谷。今後も両選手の熾烈なMVP争いから目が離せない。

◆勝負を避けられる大谷翔平 1番起用は復活への起爆剤となるか

◆8戦本塁打なしの大谷翔平、後半戦のゾーン打率から見た課題 復調のカギは「内角対応」

◆大谷翔平、四球率1.0%で7月以降の防御率は驚きの1.38 26歳部門ベストプレーヤーにも選出

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします