【甲子園】2回戦で敗れた創志学園・西純矢、スーパー2年生にSNSでは早くも来年に期待の声

8月15日、全国高校野球選手権大会は第11日目を迎えた。

第1試合では1回戦で強豪・花巻東(岩手)を延長の末に破った下関国際(山口)と、春のセンバツベスト8の創成館(長崎)を完封した2年生エースの西純矢投手擁する創志学園(岡山)が激突。

高校野球ファンの注目は、大会屈指の好投手である西投手の投球に集まった。

9回表にドラマが…

2回裏、創志学園が四球からチャンスを広げて3点を先制。

雨の影響からか制球がなかなか定まらない西投手も、粘りの投球で8回まで1安打2失点に抑えて試合を作った。

8回裏に創志学園が1点を追加し、2点リードで迎えた最終回。

追い込まれた下関国際は四球からチャンスを作り、土壇場で3点を奪って逆転に成功。

続く9回裏の創志学園の攻撃をシャットアウトし、見事逆転勝利を果たした。

創志学園の西投手は3安打に抑えるも9四死球を与えてしまい、投球数も179球と最後まで制球に苦しんだ。

それでも最速148キロの伸びのあるストレートを武器に9奪三振をマークし、前回に続き奪三振能力の高さを見せつけた。

SNSでは早くも来年に期待の声

敗れてしまった西投手はまだ2年生ということで、早くもSNSでは来年に対する期待の声が多く上がった。

今年のU-18侍ジャパンの第一次候補にも2年生ながら選出されており、来年のドラフトでは1位候補にも挙げられる逸材。

2回戦で敗れた悔しさをバネに成長した姿を、来年の甲子園で全国の野球ファンに見せつけられるか。

《関連記事》

2018プロ野球ドラフト会議直前!注目選手と各球団の動向、ファンの反応は?

【甲子園】下関国際のユニフォームに注目が集まる…「昔のヤクルトみたい」と当時を思い出すファンも

【甲子園】創志学園・西純矢、奪三振ショーの裏で帽子に注目が集まる「誰か帽子にゴムつけてあげて」

【甲子園】創志学園の「えぐすぎる」トランペットに注目!笑っちゃうほど上手いと話題に

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします