【サッカー】「チームの重要な一員になる」開幕戦出場の久保建英にマジョルカ指揮官が期待感

ベティスとの開幕戦に出場したマジョルカ・久保建英 (C)Getty Images

スペインリーグ(1部)の2021-2022シーズンが先週末に開幕した。

レアル・マドリードからマジョルカに期限付き移籍した日本代表MF久保建英は現地14日、ホームで行われたベティスとの一戦に途中出場。背番号17を背負いピッチに立った久保は、直接FKを蹴るなどホームのファン・サポーターを沸かせた。

チームに合流してからわずか4日での出場だったが、好スタートを切った。試合は1-1で引き分けにおわった。

◆五輪代表GK・谷晃生「悔しさはピッチでしか晴らせない」早くも24年のパリ五輪へ向けた代表争いがスタート

■得意のドリブルでチャンス作る

後半16分、背番号17の真新しいユニフォームに身を包んだ久保がピッチに入ると、本拠地ソン・モイシュのボルテージは最高潮に達した。久保は左サイドでプレーし、その声援に応えるように躍動。後半27分からはポジションを右サイドに移し、得意のドリブルで存在感を発揮した。

襲い掛かってきた強烈なタックルをかわし、前へ前へと進むと、もう相手はファウルで止めるしかなかった。自らの仕掛けで得た直接FKのキッカーを任されたが、ボールはバーの上に外れた。

久保はU-24日本代表として、6日に行われた東京五輪3位決定戦に出場。その後すぐにスペインへ渡り、11日にはレアル・マドリードからマジョルカへの期限付き移籍が発表された。

慌ただしくこの日の開幕戦を迎えたが、準備期間が少なく連係不足は否めなかったが、五輪の疲れを感じさせないプレーを披露した。

■ガルシア監督「タケはすでに良い状態」

マジョルカの公式サイトは、ルイス・ガルシア監督のコメントを紹介。それによると、「タケはフィットしている。すでに良い状態だ。彼はここに来てまだ数日しか経っていないが、私の考えでは、右サイドでも中央でも、彼が最も快適に感じられるポジションでプレーしてほしいと思っている」と話し、「彼はチームの重要な一員になるだろうし、我々に多くのものを与えてくれるだろう」と期待を語った。

2019-2020シーズンもレアル・マドリードからの期限付き移籍でマジョルカに所属し、活躍した久保。昨シーズンはビジャレアル、ヘタフェでプレーしたが、出場機会は限られ、思うような結果は残せなかった。今シーズン、“古巣”で輝きを取り戻せるか。20歳の若武者の戦いが再び始まった。

◆ゲルト・ミュラーさんが死去 「爆撃機」元西ドイツ代表FW

◆バルサ退団のメッシ、年俸約45億円の2年契約でPSG入りが正式決定!

◆Jリーグの後半戦が今日から開幕 打倒「王者」川崎の本命は大型補強のヴィッセル神戸か

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします