【MLB】4出塁の大谷翔平、三冠王カブレラの“イタズラ”に満面の笑顔 相手チームSNSは「ごめん、ショウヘイ」

塁上で談笑する大谷翔平とカブレラ(C)ロイター/USA TODAY NETWORK

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平投手は17日(日本時間18日)、敵地でのデトロイト・タイガース戦に「1番DH」でスタメン出場。3打数1安打3四球、1盗塁で打率は.269となった。試合はエンゼルスが8-2で勝利し、借金は1となっている。

大谷はプレーボール直後の速球を弾き返し2試合ぶりの安打を放ったが、塁上では2012年三冠王のミゲル・カブレラからイタズラを受ける“珍場面”も。タイガースの公式SNSが一部始終を公開している。

【速報】「なんてスターだ」大谷翔平、敵地騒然のワンマンショー 球団史上最速の40号到達、8回1失点で今季8勝目

■「ごめん、ショウヘイ。ミギーは…」

タイガース相手に今季4戦4本塁打と好結果を残していた大谷は、第1打席からいきなりエンジン全開。相手先発マイズの初球をとらえ、打球速度99.9マイル(約161キロ)の痛烈な中前打で出塁した。2試合ぶりの安打を放つと直後には今季18個目の盗塁も決め、2死一、二塁から5番マーシュの適時打で先制のホームを踏んだ。

試合開始直後から躍動した大谷だが、出塁時には“珍場面”も。タイガースの一塁手であるミゲル・カブレラは大谷が目を離した瞬間を逃さず、大谷のポケットに入れられていた手袋をこっそりと抜き取った。2012年に三冠王にも輝いた強打者によるイタズラに気がついた大谷は、思わず笑顔を浮かべ談笑していた。

このシーンは現地メディアやSNSでも拡散されたが、タイガース公式Twitterは一塁ベンチ側からの動画を紹介。「ごめん、ショウヘイ。ミギー(カブレラ)はこういう人なんだよ」と記され、ファンからは「ミゲルからショウヘイへのリスペクトの証だと思う」とコメントも寄せられた。

【速報】「なんてスターだ」大谷翔平、敵地騒然のワンマンショー 球団史上最速の40号到達、8回1失点で今季8勝目

◆大谷翔平のタイトル争いに影を落とす“誤審禍” SNSでは球審に引退勧告も

◆なぜ大谷翔平は「世紀の野球選手」なのか 米メディアが“二刀流経験者”による評価を交えて考察

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします