【プロ野球/パ・リーグ】6連勝中のオリックス・山本由伸、自身初の2桁勝利をかけ西武戦登板へ

▼パ・リーグ対戦カード

■8/20〜8/22:オリックス vs 西武(京セラドーム大阪)
■8/20〜8/22:ソフトバンク vs ロッテ(PayPayドーム)
■8/20〜8/22:日本ハム vs 楽天(札幌ドーム)

◆「ジョーンズに頼んで勧誘を」「印象的だ」山本由伸、五輪好投で海外からも反響続々

■ソフトバンクはプロ野球記録の5試合連続無失点に挑む

首位のオリックスは、初戦に金メダリストの山本由伸が後半戦初先発。5月28日の登板から7試合連続クオリティスタートで自身6連勝中の好調を維持できるか。同じ五輪組の吉田正尚も後半戦打率.400、2本塁打と好調をキープしている。

対する西武は、森友哉が後半戦打率.476と当たっており、今季のオリックス戦でも対戦打率.300をマークしている。投手陣は前回登板で結果を残せなかった松本航今井達也の両先発の巻き返しに期待。

後半戦の4試合連続無失点で42イニング無失点を継続中の3位ソフトバンクは、銀メダリストのマルティネスを先発に起用し、プロ野球タイ記録の5試合連続無失点に挑む。

4位ロッテエチェバリアが今季の対ソフトバンク4試合で二塁打2本、本塁打1本の9打数5安打で対戦打率.556をマークしており、五輪では見られなかったマルティネスとのアメリカ合衆国vs.キューバの“代理対決”に注目だ。

2.5ゲーム差で首位オリックスを追う2位楽天は敵地で最下位日本ハムと対戦。初戦に先発する田中将大は、今季の日本ハム戦は3戦3敗と相性が悪いが、後半戦打率.375の茂木栄五郎、同.333のオコエ瑠偉らの援護に期待。

日本ハムは五輪帰りの近藤健介が後半戦打率.308で今季の楽天戦は対戦打率.296、11打点をマークしている。

(成績は8月19日時点)

◆中田翔が覚悟の巨人入り会見「本当に反省」「自分を見つめ直し」背番号は10

◆ハイレベルすぎるパ新人王争い 宮城大弥、伊藤大海、早川隆久の特徴と凄みとは?

◆【セ・見どころ】首位キープの阪神、中日投手陣攻略なるか 黄金ルーキー・佐藤輝明は“再覚醒”

記事提供:ベースボール・タイムズ

データ提供:野球DB


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします