【札幌記念/追い切りジャッジ】推定10人気の穴馬に高評価「A」 気迫満点で「心身ともに絶好の域」

■ディアマンミノル

【中間調整】

前走・函館記念は11番人気という評価だったが、直線では最速タイの末脚を繰り出し2着にハナ+クビ差の4着と健闘した。その後短期放牧を挟み、札幌入りした。牧場できわめて順調だったのか、8月13日の中間初時計ではメリハリの効いたキビキビした動きから、ラストで素軽い伸びを見せた。

◆【札幌記念2021予想/追い切りジャッジ】白毛馬ソダシに「A」評価 「GI制覇時と遜色のないレベルに達した」 

【最終追い切り】
札幌ダートコースで古馬1勝クラスを追走する併せ馬。コースを大きく使って気迫満点に相手を外からあっさりパスすると、抜け出してからも気を抜かないようステッキをビシビシ入れられグングン加速。併せた相手を6馬身ほど突き放しての先着を果たしている。

【見解】
札幌入りしての速い時計は2本のみ。だがその2本ともで秀逸な動きを見せた。中6週で函館記念を使われたあと、牧場での過ごし方がよほど良かったのだろう。今週は格下馬をあっさり飲み込むと、その後も余念なく仕掛けて豪快な反応。陣営が攻め込んで問題なし、と認識していないとこなせない内容で、体調は絶好の域にありそう。

総合評価「A」

◆【札幌記念2021予想/データ攻略】ソダシに立ちはだかる勝率0%の不安要素 「2000mという距離すら危うい」

◆【札幌記念2021予想/追い切りジャッジ】ラヴズオンリーユー文句なし「S」評価 絶好の雰囲気で「勝ち負け必須」

◆【札幌記念2021予想/追い切りジャッジ】上位人気想定の実績馬は「気合い不足」 順調といえるが辛口の「B」評価

著者プロフィール

西村武輝(にしむらぶこう)●フリーライター

競走馬の追い切り評価を専門として、ネットメディア中心に執筆を続けているフリーライター。現在、UMAJIN.net「競馬サロン」においては毎週の重賞出走全頭のレポートを執筆、担当。またプロレス関連業界にも関わっており、週刊プロレスや書籍等への寄稿歴もある。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします