【MLB】筒香嘉智、2戦連発弾に適時打「終盤の逆襲」なるか「なんてパワーヒッターだ」と実況も絶賛 

2試合連続となる2号ソロを放ったパイレーツ・筒香嘉智(C)Getty Images

ピッツバーグ・パイレーツ筒香嘉智外野手は21日(日本時間22日)、敵地ブッシュ・スタジアムでのセントルイス・カージナルス戦に「4番・一塁」でフル出場。4回に先発左腕ハップの初球を捉え2戦連発となる2号ソロを放ったほか、7回にも適時打を放ち、2安打2打点の活躍でチームの勝利に大きく貢献した。

パイレーツに移籍してから、13打数5安打2本塁打3打点、打率.385と好発進を印象づけた。

◆【実際の映像】筒香嘉智、“飛距離131m超”の豪快な2号ソロアーチで新天地のファン沸す

■「4番」としてクリーンナップの役割果たす

筒香は1-1の同点で迎えた4回、先頭打者として打席に立つと左腕ハップの投じた初球ストレートを豪快に振り抜き、ライトスタンドに運んだ。飛距離430フィート(約131.1メートル)、打球速度106.6マイル(約171.6キロ)の特大弾。前日20日(同21日)の同カードで放った今季初アーチに続く、勝ち越しの2号ソロ本塁打に実況も「彼がアメリカへやって来る前、どんなパワーヒッターだったかを思い起こさせる一発だった」と興奮気味だった。パイレーツの公式ツイッターもさらに「ヨシがまたやってくれた!」と讃えた。

ドジャースから移籍し5試合目で、2試合連続ホームランを記録するなど新天地で著しい活躍を見せる筒香は、デレク・シェルトン監督からの「4番」起用に、クリーンナップとしての役割を果たし、その期待に応えている。

試合後の会見でシェルトン監督は「今日もいいスイングだった。2打席目も初球から思いっきり振りにいっていた」と筒香を高く評価。

筒香も前日の試合後会見で「残りのシーズンもチームに貢献できるようより一層頑張ります」と意欲を語っていた。

ここまで5試合に出場し4試合で快音を響かせているだけに、シーズン終盤の「逆襲」が期待される。

◆【実際の映像】筒香嘉智、“飛距離131m超”の豪快な2号ソロアーチで新天地のファン沸す

◆【MLB】筒香嘉智、9回代打で今季初アーチ パイレーツ移籍後初打点、新天地で打率.333

◆【MLB】筒香嘉智、勝ち越し2号ソロで自身初の2戦連発 新天地で打撃復活を証明する131m弾

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします