【モータースポーツ】コロナ禍に翻弄される日本レース界とスポーツブランド復活の狼煙

2021年ル・マン24時間でトヨタの1−2を演出した8号車(C)toyota gazoo racing

日本において最もモータースポーツが華やかだった時代は、1980年代後半から90年代にかけて。F1で日本人ドライバーが活躍し、WRCでは日本メーカーのクルマが躍進した。

日本国内でも市販車に直結するラリーや同一車種のみで競われるワンメイクレース(共に「ストリートチューン」にイメージが落とし込みがしやすい)は、アフターマーケットにおけるパーツやアクセサリー販売での収益づくりのバックグラウンドともなり、自動車メーカー傘下にモータースポーツブランドを設立し強化していった。

開発部門が発展したもの、宣伝部門のカラーが強いもの、あるいは純粋に社外組織のものと成り立ちも様々なそれらは、各メーカーのワークスモータースポーツの代名詞ともなり、一般ユーザーにも浸透した。モータースポーツは今よりもっと身近な存在だった。

時は流れて2021年、そんな90年代から続く「ワークスチューニンググループ」と呼ばれるメーカー系スポーツブランドからマツダマツダスピード)と三菱(ラリーアート)が事業停止から共に脱退しており、トヨタ(TRD)、日産(NISMO)、スバル(STI)、ホンダ(M-TECH=無限)の4社が活動を継続している。

ここにきて三菱ラリーアートが復活の動きを見せ始め、今後の展開が注目されるところだ。モータースポーツが一般メディアで取り上げられる機会も少なくなった現在、自動車メーカー各社がどのように自社スポーツブランドを活用しているか、改めて観察してみたい。

■「Gazoo Racing」を展開するトヨタ、日産やスバルは……

唯一国内でも気を吐いていると言っていいのがトヨタだろう。2015年からは「Toyota Gazoo Racing」の呼称での展開を開始し、なおかつ従来からのTRDやトヨタとの結びつきの古いチューナーのブランドも活用している。

世界ラリー選手権(WRC)でのヤリスの活躍や国内モータースポーツへの投資も積極的だ。GRブランドでの市販車や各地のトヨタディーラーが運営する「GR Garage」も、その下支えとなっているだろう。WRCでの強さ、ル・マン24時間レースでの4連覇などなど話題に事欠かなく、少なくとも当面は日本のモータースポーツ市場もトヨタがリードするはずだ。

2021年ル・マン24時間レースにてトヨタの4連覇を果たした7号車トヨタGR010 HYBRID(C)toyota gazoo racing

余談にはなるがトヨタの現在の取り組みは、かつての三菱のそれに良く似ているのも面白い。本体の活動としてのGazoo Racingの呼称を各国で理のあるチームにも名乗らせてネットワークを作る、若手日本人ドライバーが世界で戦える育成プログラムを実施する、ファンベースとなるイベントや店舗を展開するといったところがだ。もっとも予算規模は格段にトヨタの方が上だろうが。

NISMO(ニスモ)擁する日産、STI(スバルテクニカインターナショナル)を擁するスバルに目を移してみよう。

かつての主戦場(ツーリングカーレースやラリー)の縮小・停滞、あるいはそこからの転進で、最近のモータースポーツの実戦では両社とも日産、あるいはスバルと本体の会社名の方が前に出ている印象だ。それが本来のワークスモータースポーツの姿だと言うこともできるが…

実戦に向けた研究・開発ではNISMOやSTIに負うところも小さくはないだろうが、現状ではNISMOもSTIも実戦部隊の名称としてではなく高性能ロードカーブランドのイメージが強くなっている。もちろんモータースポーツ活動を継続しているからこそであることに間違いはないし、量販車への技術還元によるメーカーチューンの普及、カスタマイズの一般化ということにおいて業界・ジャンルのメリットは長い目で見て大きいだろう。

■独特な立ち位置のホンダ

ホンダの立ち位置は独特だ。「無限」はホンダ系ブランドではあるが傘下ではない。もちろん無限の設立から密接な協力関係にはある。かつては、ホンダV10をベースとしたエンジンでF1に関与していた時期もある。

現在は無限ブランドを別会社のサプライヤーが許諾を得て使用しているが、ホンダ車向け機能系パーツでは第一人者であることに変わりはない。

ホンダの本体(むしろ「本隊」か)はF1からの撤退が決まっており、電動化を強力に推進するため大胆な車種整理も進行中だ。そのような状況でパフォーマンス重視のホンダ系ブランド・無限が今後どのように存在感を示すかに注目したい。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします