【キーンランドC/データ攻略】推定10番人気の古豪が波乱を呼ぶ 「見限るにはまだ早い」

前編ではメイケイエールミッキーブリランテの明暗を分けるであろうデータについて取り上げたが、後編ではデータ面から浮上する穴馬候補2頭を取り上げる。

◆【前編】メイケイエールに立ちはだかる連対率0% 「洋芝適性が評価の分かれ目」

■データが導く2021キーンランドCの穴馬候補は

<穴候補1 カツジ>

前走函館スプリントSは5着とまずまずの結果。2度目となるこの距離で前進を見込む同馬の追い風となるデータをご紹介したい。

・ディープインパクト産駒のキーンランドC成績【1-1-2-4】

特筆すべきはその中身。6人気3着、9人気3着と配当妙味を跳ね上げるケースが目立っているのだ。自身初のGI勝利に2年連続の函館リーディング獲得と勢いが増す鞍上・横山武史を背に突き抜けるシーンがあっても驚けない。

<穴候補2 セイウンコウセイ>

8歳を迎えた古豪が2年ぶりのキーンランドC参戦。さすがにもう厳しいのでは……そんな声をかき消すデータがこちら。

・1400→1200mのローテ成績【3-1-0-2】

いわゆる距離短縮ローテで好走する傾向にある同馬。今年使われた3戦はいずれも勝ち馬と0秒6差以内にとどまっており、GI高松宮記念は先行勢でモズスーパーフレアに次ぐ着順。終わったと見限るにはまだ早いだろう。

◆【キーンランドC2021/枠順】快速牝馬メイケイエールの3枠は過去10年勝利なし、複勝率はわずか5.3%

◆【キーンランドC2021予想/危険な人気馬】ソダシの勝利が示した「世代交代」 短距離戦で“買うべきではない”古馬とは

◆【キーンランドC2021/脚質傾向】注目は5勝を挙げている差し脚質 上位人気想定のレイハリアにちらつく影とは

▼競馬ストーリーテラー・田原基成の重賞分析TV「新潟2歳S」

著者プロフィール

田原基成(たはらもとなり)●競馬評論家

競馬予想の魅力を世に発信し続ける「競馬ストーリーテラー」。予想に対して謎ときに近い魅力を感じており、ローテーション・血統の分野にて競馬本を執筆。現在はUMAJIN内「競馬サロン」にてコラム【競馬評論家・田原基成のいま身につけるべき予想の視点】 執筆中。『SPREAD』ではデータ分析から読み取れる背景を紐解き、「データの裏側にある競馬の本質」を伝えていく。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします