【キーンランドC/追い切りジャッジ】“10日競馬”も懸念なしの「A」評価 重賞初制覇へ「牧場での調整は相当順調」

■ミッキーブリランテ

【中間調整】京王杯SC(4着)から中3週と、いささか慌ただしい臨戦過程で臨んだ前走の函館スプリントS。中団後方から鋭い脚を使ってタイム差なしの3着に入り、スプリント適性と洋芝適性の高さを感じさせた。その後は悲願の重賞初制覇を狙い、同じ札幌のスプリント戦であるこのレースに向け、放牧を挟んで調整されている。牧場から直接札幌に入り、8月20日の初時計ではピタッと折り合ってラストは機敏に反応。牧場での調整は相当順調だったようだ。

◆【キーンランドC2021予想/追い切りジャッジ】メイケイエールに文句なし「S」評価  落ち着き十分で「精神面が大きく成長した」

【最終追い切り】札幌に駆け付けた和田竜騎手を背に、札幌ダートで古馬2勝クラスを5馬身追走。馬なりのまま巧みなコーナーワークから取り付くと、直線に入っての仕掛けで一気に脚を伸ばして突き放し、先着フィニッシュを果たした。抜け出してもフワッとせず、気迫を維持できていたのは好感。

【見解】いわゆる「10日競馬」となるが1週前、そして今週の動きを見る限り懸念視は不要だろう。名門矢作厩舎だけにしっかり牧場と連携が取れており、ある程度まで練り上がった状態で札幌入りしているはず。最終追いで“スパイス”とばかり、抜け出してからも気持ちを維持させる仕掛けを鞍上が施したあたりは体調面への信頼ゆえだろう。ほぼ万全といえる。。

総合評価「A」

◆【キーンランドC2021予想/危険な人気馬】ソダシの勝利が示した「世代交代」 短距離戦で“買うべきではない”古馬とは

◆【キーンランドC2021予想/追い切りジャッジ】上位人気想定の有力馬に辛口評価「B」 気配上々も”異なる調整内容”に不安あり

◆【キーンランドC2021予想/追い切りジャッジ】前走好走の伏兵馬に高評価「A」 他馬には無い”タフさ”で「状態上向き」

著者プロフィール

西村武輝(にしむらぶこう)●フリーライター
競走馬の追い切り評価を専門として、ネットメディア中心に執筆を続けているフリーライター。現在、UMAJIN.net「競馬サロン」においては毎週の重賞出走全頭のレポートを執筆、担当。またプロレス関連業界にも関わっており、週刊プロレスや書籍等への寄稿歴もある。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします