【キーンランドC/穴馬アナライズ】前日9番人気の伏兵馬 「連続好走」で初タイトル獲得なるか

■タイセイアベニール

前走のUHB賞では、アヌラーダプラからハナ差の2着だったタイセイアベニール。好位でスムーズに運んだ勝ち馬に対し、こちらは外々を回らされるロスがあったし、3キロ差の斤量を考えれば勝ちに等しい内容だったと言えよう。

◆【キーンランドC2021予想/追い切りジャッジ】メイケイエールに文句なし「S」評価  落ち着き十分で「精神面が大きく成長した」

重賞にはこれまで8度挑戦し馬券圏内はないものの、昨年のセントウルSでは後のGI馬ダノンスマッシュからコンマ3秒差の4着など、数字以上に重賞でも善戦している。この実績であれば、今回のメンバーなら上位争いを演じてもいい。

昨年は前走UHB賞組がワンツー。そのうちの1頭であるライトオンキューは、連続での好走だった。6歳にして初タイトル獲得なるか、注目してみたい。

◆【キーンランドC2021予想/穴馬アナライズ】前日オッズ20倍前後の穴馬 人馬ともに好調で波乱の使者となるか

◆【キーンランドC2021予想/穴馬アナライズ】前走から巻き返しに燃える伏兵馬 素質からも「ここで終わる馬ではない」

◆【キーンランドC2021予想/追い切りジャッジ】上位人気想定の有力馬に辛口評価「B」 気配上々も”異なる調整内容”に不安あり

著者プロフィール

山田剛(やまだつよし)●『SPREAD』編集長
アスリートの素顔を伝えるメディア『SPREAD』の編集長。旅行・アウトドア雑誌のライターを経て、競馬月刊誌「UMAJIN」の編集長として競馬業界へ。その後、Neo Sports社にて、「B.LEAGUE」「PGA」「RIZIN」等のスポーツ×ゲーミフィケーション事業に携わり、現在に至る。競馬は、1995年マイルCSの16番人気2着メイショウテゾロの激走に衝撃を受けて以来、穴馬予想を追求し続けている。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします