【MLB】大谷翔平、ヤンキース戦に「2番DH」スタメン 負傷明けのクルーバーから42号アーチなるか

エンゼルス・大谷翔平(C)Getty Images

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平投手は30日(日本時間31日)、本拠地エンゼル・スタジアムでのニューヨーク・ヤンキース戦に「2番DH」でスタメン出場する。

28日(同29日)の前試合では18試合ぶりに「2番」で出場し、3打数無安打1四球。四球で出塁した後に今季20個目となる盗塁を決め、“球団史上初”となる「40本塁打・20盗塁」を達成した。

チームはパドレスに10-2で快勝し、借金3とした。

◆【速報/動画】実況「ディープ!ハイ!ゴーン!」大谷翔平、打球速度180キロの“弾丸”勝ち越し42号にスタジアム大熱狂

■先発は負傷明けの35歳ベテラン右腕

ヤンキースの先発は、今季10試合に登板し4勝3敗のコーリー・クルーバー。2011年のプロ入り後、シーズン18勝を3回、20勝を1回達成、サイ・ヤング賞にも2度輝いた実績のあるベテラン右腕だ。

5月14日(同15日)にはオリオールズ戦で通算1500奪三振を記録し、同月19日(同20日)のレンジャーズ戦では自身初のノーヒットノーランを記録した。しかし、同月25日(同26日)には右腹斜筋の張りのため負傷者リスト入り。およそ3カ月ぶりの復帰戦となる。

大谷とは2018年以来の対戦。この年大谷はクルーバーに6打数1安打で打率.167。好相性とは言えないが、その1本が本塁打であるだけに、大谷の3年ぶりの一発に期待したい。

◆【速報/動画】大谷翔平、今季42号は元同僚からの131メートル特大弾 年間長打数でも松井秀喜超え

◆ついに大谷翔平に4本差“無双状態”ペレスが驚異の量産態勢、捕手で本塁打王なら史上2人目

◆大谷翔平がMLB公式の「サイ・ヤング賞」候補5傑入り 専門家も唸る“数字以上の衝撃”

試合情報

エンゼルス-ヤンキース
試合開始:日本時間8月31日(火)10:38
中継情報:AbemaTV、スカパー! Jsports、NHK BS1

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします