DeNA・ラミレス監督の秘策?「今日は松坂大輔が相手だから、横浜高校メンバーで一丸となって戦います」

8月16日に行われたDeNAベイスターズ対中日ドラゴンズ戦で、DeNAのアレックス・ラミレス監督が少し変わったオーダーの組み方をした。

中日の先発が松坂大輔投手だったこともあり、このほうがモチベーションが上がると横浜高校OBを打線に並べ、後輩たちによる横浜高校包囲網で打倒松坂を目論んだ。

横浜に本拠地を置くDeNAにとって横浜高校出身者は「ご当地選手」であり、ドラフトで定期的に獲得してきたからこそ実現可能なオーダーだった。

対する中日も松坂投手に加えて7番・三塁手の福田永将が横浜高校出身で、両チーム合わせて先発メンバー18人中6人が同校出身者となった。

横高出身者だらけの試合にファンからは「ここまで来たら4番後藤見たかった」「いよいよラミちゃんの采配がわからない…」「スタメンの1/3が横浜高校OBでウケる」「どうせなら後藤武敏vs松坂が見たかった」などの声が寄せられている。

全国トップクラスの強豪として多くのプロ選手を排出してきた横浜高校ならではの話題と言えるだろう。

≪関連記事≫

DeNA・中川大志、神里和毅とのイケメン2ショットで球団公式SNSをPR

DeNA・今永昇太、先輩・白崎浩之から無茶振りされるも…ファンからは「面白くなくてかわいい」

DeNA・山﨑康晃、試合前に「#康晃散歩」 爽やかさ溢れる写真にファンも反応

DeNA・砂田毅樹の愛犬フランくん、その可愛さに癒されるファンが続出

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします