“ダンスの救世主”カリスマカンタローかく語りき 前編 「絶対やり遂げてから死ぬ」覚悟

(C)D.LEAGUE 20-21

2021年7月、日本発のプロフェッショナル・ダンスリーグ、「D.LEAGUE」は、同年1月の開幕から、全12ラウンドとチャンピオンシップを経て、そのファーストシーズンの幕を閉じた。

コロナ禍という、未曾有にして不可思議な事態に世界が覆われた中、痛恨の無観客でのスタートにはなったが、ウェブ上で特殊なカメラワークを取り入れたライブ配信を行うなど、世のダンスファンの期待に応えながら静かなる盛り上がりを見せた。今回、その立役者にして、株式会社DリーグCOOカリスマカンタローこと神田勘太朗さんに、1年目の手ごたえと、来シーズンに向けての展望を語ってもらう機会を得て、自称〝心のダンサー″である筆者は、いささか興奮ぎみに取材場所へと赴いた。

ところで、ダンスのプロフェッショナル・リーグと聞いて、今、あなたがピンと来ていないとしたら、これから巻き起こる、スポーツエンターテイメントの重要なシーンを見逃してしまうかもしれないので要注意だ。実は現在、国内のダンス人口は、野球やサッカーにも匹敵する約600万人規模といわれており、今後1000万人を超えるという予想もある。ダンスによる「国民的」シーンが生まれるという可能性を多分に秘めている巨大市場でもあるのだ。

しかし一方で、これまで、プロ・レベルのダンスを身近に感じ、それを主として観賞できる機会は一般的ではなく、他の人気スポーツのように「プロの域」をしっかりと観る側に届けてくれる、ビジネスとしての土壌が整ってこなかったのもまた事実。つまり、ビジネスを動かす側である企業や経営者のなかに、ダンスがプロ野球やサッカーのJリーグのような存在になり得るという可能性を理解し、実践する人物が出現しなかったのだ。それ故、600万人を超えるとされる、ダンスへの巨大な潜在的ニーズはある意味置き去りにされ、それに応えられる大舞台もまた、恒常的に提供されるということがなかったのである。

神田さんは、自身もダンサーとして活躍していた2004年、24歳の時に『DANCE ALIVE HERO’S』を主催する株式会社アノマリーを立ち上げた。


「ダンスがビジネスでイケるっていうのは18年前からずっと揺るぎなく、誰がなんと言おうと言い続けてきました。それは、こうやってDリーグが始まった今も同じです。ダンス・アライブを立ち上げたときも、色々な人から、ビジネスには向いていないとさんざん言われてきました。それでも自分には、『ダンスは世界をとりにイケる』というビジョンがしっかりあったので『そんなことはない』と。ただ、そのビジネスの体系をだれが創るのかっていうことが問題でした」。

彼が見たビジョンはいつどのようにして、ダンス界に確固としたビジネスを構築するため、自らが動くという〝覚悟”へと変わっていったのだろうか。神田さんはよく、ダンスにおける熱量の大切さについて言及しているが、感動を観る者に届けるというダンサー個人の熱量から、ダンス界を包括するまでの熱量になるにはどんな軌跡があったのだろう。

「これまでにも、ダンスのテレビ番組はいくつかありましたが、ダンスブームは来ては去り、また来ては去る、そのくり返しでした。そんな中からここまで、無理くり広げてきた、というのが実感です。でも、僕の先輩のその先輩もダンスを楽しんで、ダンスの世界を繋いできた人たちが元々いるから、自分も踊ってきて・・・。30年、40年前からダンス界を作ってきた人たちがいて、その時それぞれが自分のやるべきことをやってきてくれていて、ここにつながっていると思っています」。

「今僕はプロデュースする側にいますけど、その前にはEXILE HIROさんがメジャーにいってダンス分野を切り開いたり、僕もダンスバトル興行を始めて大きくしていったり、関わる人々の想いとか熱量が徐々に蓄積されてきて。あとは、子供たちが学校の必修科目でダンスをならったり、TikTokなどのSNSで、踊って表現することが普通になってきたりで、ダンスシーン自体の人口が多くなってきたという背景もあって、そういう様々な要素が上手く重なったタイミングでDリーグを始めることができたと思っています」。

「だから、『今はたまたま自分がこのポジショニングなだけだ』とも思っています。これがもし5年遅かったら、ここにいるのは僕ではなかったかもしれないし、もしかしたら、始めることは出来なかったかもしれない。5年遅いってことはEXILE HIROさんや他の関係者の状況も5年分変わっているってことですから。

そして、コロナの前に、『2021年に開幕する』と決めていたから踏み切れました。これがもし、2022年を目指していたら、頓挫していた可能性は大いにあるし、本当にタイミングが良かったです。だから、『僕の熱量だけでここまで来ました!』と言えたらカッコいいですけれど、実際はそういう大切な要素が、本当に奇跡的に揃ったからこそ実現できたと感じています」。

(C)D.LEAGUE 20-21

コロナ禍でオリンピックの開催も遅れるなか、確かな熱量を伴って開幕したDリーグだが、そこには熱量だけでない、神田さんのビジネスマンとしてのセンスも働いていた。

「2011年、3.11の震災の時にも、ダンスアライブをやったことがありました。ちょうど一か月後の開催で、その時のことは強烈に覚えています。エンタメのすべてが止まってしまいましたよね。チケットの会社やイベンターも潰れてしまったりするなかで、うちの社員も一人除いた全員が開催を反対しました。でも僕は、両国国技館で絶対やると。それで批判があっても当たり前、それでもやるんだと決断しました。大変な時でしたが、今を一生懸命生きている中で、それをやらないことのリスクもあるぞと。やって前に進める方法もあるんじゃないかという決断でした。あの時、僕たちが一番初めに、1万人規模のイベントを再開したんです。そうしたら、エンタメ界全体が前に進み始めた。

その時の教訓で、行くと決めたときはいかないといろんな意味で後退すると。今回のこのコロナも、国を含めて、今まで全員がくらったことのない経験です。でも、だからといって2年後や3年後に延期しようと考えたところで、その先のことはまったくわからないし、一回集めた熱量は必ず分散してしまう。そうなると、もう一度この磁場をつくりあげるのは現実的には難しいってくらい熱を注ぎ込んでいたので、3か月後でもいいから開催すると決めました。もちろん、協賛の皆さんにもお話しをして、GOを出してくれたからこその実現です。無観客でどうやって実施するのかも、もともと考えながらやってきたので、関係者の感染症対策などもしっかりできました」。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします