【MLB】大谷翔平、二刀流「2番・投手」で103年ぶり“2桁勝利、2桁本塁打”達成なるか

エンゼルス・大谷翔平(C)Getty Images

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平投手は10日(日本時間11日)、敵地ミニッツメイド・パークでのヒューストン・アストロズ戦に「2番・投手」でスタメン出場する。

大谷は今季20試合に登板し、9勝1敗、防御率2.97。今日の試合で白星を飾れば、1918年にベーブ・ルースが達成して以来、じつに103年ぶりの「2桁勝利、2桁本塁打」となる。

◆【速報/動画】大谷翔平、右翼スタンドへ一直線の弾丸44号で103年ぶり大記録への“自援護”

■大記録への“1勝”を援護する一発にも期待

5月11日(同12日)のアストロズ戦では、7回4安打1失点、10奪三振と好投。勝利投手の権利を持って降板したが、後続のリリーフ陣が逆転を許し白星を逃した。

打撃では熾烈を極める本塁打王争いに注目。大谷に1本差と迫るサルバドール・ペレス(カンザスシティ・ロイヤルズ)に加え、2試合連発で42号としたブラディミール・ゲレーロJr.(トロント・ブルージェイズ)も2位タイに再浮上した。

アストロズの先発は、9勝5敗、防御率3.08をマークしている左腕フランバー・バルデス。今季の大谷は左投手との対戦でも16本塁打を放っており、大記録への“1勝”を自ら援護する一発にも期待したい。

◆大谷翔平がMLB公式の「サイ・ヤング賞」候補5傑入り 専門家も唸る“数字以上の衝撃”

◆安定した制球力は特筆もの…2桁勝利目前の大谷翔平、好投の要因をデータから紐解く

◆大谷翔平、“疑惑の判定”に泣かされる SNSでは球審に怒りの声「ザ・オオタニゾーン」

試合情報

アストロズ-エンゼルス
試合開始:日本時間9月11日(土)9:10
中継情報:AbemaTV、スカパー! Jsports、NHK BS1

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします