【MLB】大谷翔平、約172キロの弾丸ライナーで先制機を演出 チームも逃げ切り辛勝

3試合連続ヒットをマークしたエンゼルス・大谷翔平(C)ロイター

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平投手は11日(日本時間12日)、敵地ミニッツメイド・パークでのヒューストン・アストロズ戦に「2番・DH」でスタメン出場。初回の第1打席にライト前へのヒットを放つなど4打数1安打1四球で打率.258とした。

チームはアストロズに4ー2で勝利し、連敗を2で止めた。

◆【実際の映像】これぞ大谷の打球 172キロのライナーでライト前へ 

■3試合連続ヒットをマーク

大谷は初回、無死一塁の場面で相手先発・ガルシアのストレートを捉え、打球速度106.9マイル(約172キロ)のライナー性の打球で右前打を放つなどチャンスを拡大した。4番・ウォルシュのセンターへのタイムリー二塁打などで2点を先制。試合を優位に進めた。

これで大谷は3試合連続ヒットを記録。前日の試合で今季44号を打つなど調子は上向きだ。本塁打王争いでは、ゲレーロJr.(トロント・ブルージェイズ)が同日、オリオールズ戦で今季43号をマーク、大谷に一本差に迫った。

◆安定した制球力は特筆もの…2桁勝利目前の大谷翔平、好投の要因をデータから紐解く

◆大谷翔平と熾烈なキング争い…ゲレーロJr.はなぜHRを量産できるのか 打撃の進化をデータ分析

◆大谷翔平がMLB公式の「サイ・ヤング賞」候補5傑入り 専門家も唸る“数字以上の衝撃”

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします