【MLB】4発浴びたダルビッシュ有「前に進むしかない」 プレーオフ進出へ気持ち切り替え

10敗目を喫したパドレス・ダルビッシュ有(C)ロイター

サンディエゴ・パドレスダルビッシュ有投手が13日(日本時間14日)、敵地オラクル・パークでのサンフランシスコ・ジャイアンツ戦に先発。4回を投げて、今季ワーストとなる4被弾8失点で降板。2017年以来の10敗目(8勝)を喫した。防御率は4.32となった。

試合はジャイアンツが9-1で圧勝し、ポストシーズン進出一番乗りを決めた。

◆「これが彼本来の姿」ダルビッシュ有の快投を指揮官も高評価 黒田博樹に並ぶ米通算79勝目

■8失点は今季ワースト

ダルビッシュは1回、ラステラに先頭打者本塁打を浴びると、1死から四球と三塁打で2点目を献上。さらに5番クロフォードに四球を与えると、6番ロンゴリアにこの回2本目となる本塁打を叩き込まれ、いきなり5点を奪われた。

2、3回は無失点に抑えたものの、4回に再びつかまり、先頭の7番ヤストムレスキーにソロ本塁打、2番ベルトにも2ランを浴びた。結局、4回を投げて6安打4被弾で8失点(3四球3奪三振)という内容でマウンドを降りた。球数は96球だった。

8失点は今季ワーストで、4発浴びたのはシカゴ・カブス時代の2019年8月、この日と同じジャイアンツ戦以来2年ぶりだった。まさに乱調であり、米地元紙「サンディエゴ・ユニオン・トリビューン」は、「パドレスはワイルドカード争いから脱落」と記事内で記載され、プレーオフ進出に“黄色信号”が灯ったチーム状況を示した。

■「コマンドに問題があった」

また、同紙は試合後のダルビッシュのコメントも伝えている。それによると、本人は「コマンドに問題があった」と話し、その上で「いきなりホームランで始まってしまったため、少し緊張して力んでしまった。それが一番の問題だった」と振り返っていた。

今季のダルビッシュは6月まで16試合に登板し、7勝2敗で防御率2.44と好成績を残し、球宴メンバーにも選ばれていたが、7月以降は11登板で1勝7敗、防御率7.67と調子を落としている。

「自分自身のフラストレーションレベルは高いですし、他の選手やスタッフ、コーチもフラストレーションを抱えていると思います。でも、我々はまた明日球場に来て、仕事をして、試合をしなければならない。新たなページをめくって前に進むしかない」と話し、プレーオフ進出へ向けて気持ちを切り替えていた。

◆【MLB】ダルビッシュ、10代の大谷翔平と交わした“メール”「お互い約束を果たせました」

◆安定した制球力は特筆もの…2桁勝利目前の大谷翔平、好投の要因をデータから紐解く

◆大谷翔平がMLB公式の「サイ・ヤング賞」候補5傑入り 専門家も唸る“数字以上の衝撃”

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします