【MLB】筒香嘉智、2試合連続のマルチ適時打 加入後26試合でのOPSはチーム歴代4位

2安打2打点と活躍したパイレーツ・筒香嘉智(C)ロイター

ピッツバーグ・パイレーツ筒香嘉智外野手は15日(日本時間16日)、本拠地PNCパークで行われたシンシナティ・レッズ戦に「2番・右翼」でスタメン出場。3回にタイムリー三塁打を放つなど3打数2安打2打点1四球と活躍し、打率を.258とした。

また、対戦相手のレッズ秋山翔吾は「8番・中堅」で出場し7回にライト前にヒットを放ち4打数1安打、打率.200とした。

パイレーツはレッズに5ー4で勝利し、2連勝とした。

【実際の映像】◆これぞ筒香らしい打撃 逆方向への三塁打に球場内のファンも大喜び

■好調のバットにチーム公式Twitterも賛辞

筒香は、2点ビハインドの3回に無死、一塁の場面で相手先発・グティエレスから反撃の一打となる左翼へのタイムリー三塁打を放った。さらに4回にはリードを2点に広げる適時打を放ち、マルチ安打マルチ打点を記録。チームの勝利に貢献した。筒香は2試合連続の複数安打と好調を維持している。

パイレーツの公式Twitterも筒香の三塁打を動画付きで速報。また、MLB公式サイトでパイレーツを担当しているジェイク・クルース氏は自身のTwitterで、これまでの選手がパイレーツ加入後最初の26試合で記録したOPSについて紹介し、筒香のOPS(1.121)が歴代4位にランクインしていることを紹介している。

レッズ秋山との“日本人対決”でも存在感を示した筒香。覚醒した打撃からますます目が離せない。

◆筒香嘉智、移籍後に“課題克服”の兆し データが物語る打撃の変化

◆筒香嘉智、2戦連発弾に適時打「終盤の逆襲」なるか「なんてパワーヒッターだ」と実況も絶賛 

◆ピッツバーグへようこそ」筒香嘉智、本拠地ファン熱狂の代打本塁打 直近4戦3発と絶好調

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします