【プロ野球/17日の予告先発】巨人 vs ヤクルト 次世代エース同士の投げ合い

プロ野球はセ・リーグ1試合が行われる。

東京ドームでは優勝争い中の巨人対ヤクルトが直接対決。巨人髙橋優貴がマウンドへ。

ヤクルト戦は今季3試合に登板し、2勝0敗と相性が良い。しかし、8月17日の対戦では村上宗隆からツーランを浴びるなど4回途中でマウンドを降りた。ここまで自身初の2桁勝利を達成しチームを鼓舞してきた。前回の雪辱を果たせるのか注目の一戦。

対するヤクルト奥川恭伸が7勝目をかけマウンドへ。9月7日の阪神戦では7回を投げ2安打無失点と好投しチームを勝利に導いた。20歳の若き燕の右腕は、安定したピッチングで巨人との差を引き離すことができるのか。

なお、台風の影響により阪神-中日広島-DeNAの2試合が中止となった。

◆【プロ野球/セ・リーグ】首位阪神を追う上位2チームが直接対決、ヤクルト村上は巨人の前で記録達成なるか

■セ・リーグ

巨人-ヤクルト

東京ドーム
試合時間:17:45
予告先発
巨:髙橋優貴[防御率3.01、10勝4敗]
ヤ:奥川恭伸[防御率3.55、6勝3敗]

◆「こんな神がかった試合が…」 3度挑んでも破れなかった“本塁の壁”に大絶賛

◆ソフトバンク、総勢100体の「ペッパー応援団」がギネス世界記録に認定 柳田は“直撃弾”を予告

◆阪神・俊介が引退会見「悔いはありません」ファン、阪神園芸にも感謝

テータ提供・共同通信デジタル
文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします