【MLB】大谷翔平、アスレチックス戦は「3番DH」 2本差のゲレーロJr.に迫る45号アーチとなるか

エンゼルス・大谷翔平(C)Getty Images

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平は17日(日本時間18日)、本拠地エンゼル・スタジアムでのオークランド・アスレチックス戦に「3番DH」でスタメン出場する。

前日の試合では約4カ月ぶりとなる「3番DH」で4打数2安打、1四球、2三振。9回に右ふくらはぎに死球が受け、これが故意死球と判定。相手投手と監督が退場となる騒動になったが、大谷は笑顔で一塁に向かった。試合はエンゼルスが9-3で2連勝を飾り、借金は2となった。

◆大谷翔平への死球は「間違いない、報復だ」 マドン監督は憤慨、敵将と意見対立

■ゲレーロJr.に46号で「2本差」

アスレチックスの先発は、今季9勝13敗で防御率4.04の左腕コール・アービン。大谷は6月16日(同17日)の試合で19号本塁打を放っており、対戦成績は12打数4安打2打点、対戦打率.333と得意としている。

大谷は10日(同11日)アストロズ戦での44号から5試合快音なし。その間、本塁打王争いはブラディミール・ゲレーロJr.(トロント・ブルージェイズ)が46本塁打で単独トップに立ち、サルバトール・ペレス(カンザスシティ・ロイヤルズ)が45本塁打で2位、大谷はトップと2本差の3位となっている。

エンゼルスはここから10試合はホームでの開催。本拠地の声援を背に、6試合ぶりの一発に期待したい。

試合情報

エンゼルス-アスレチックス
試合開始:日本時間9月18日(土)10:38
中継情報:AbemaTV、スカパー! Jsports、NHK BS1

◆大谷翔平、5打数無安打も「世界で最も影響力のある100人」に初選出 Aロッド氏は「試合以外でも紳士、私は彼の大ファン」

◆ゲレーロJr.の躍進でMVP論争再燃 マドン監督はあくまで大谷翔平推し

◆ロイヤルズ敗れるもペレスが捕手記録に並ぶ45号を放つ

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします