【ボクシング】「寺地拳四朗vs.矢吹正道」9月22日 両者の戦績、試合結果、中継情報一覧

WBC世界ライトフライ級タイトルを防衛した寺地拳四朗(2019年7月12日)(C)Getty Images

WBC世界ライトフライ級チャンピオン寺地拳四朗(BMB)に同級1位の矢吹正道(緑)が挑戦するタイトルマッチが22日、京都市体育館で行われる。

【ボクシング】13度連続防衛への通過点・V9目指す拳四朗 対するは「下剋上」狙う矢吹正道

拳四朗は、2017年5月20日のタイトルマッチにてガニガン・ロペス(メキシコ)に判定2-0で勝利しWBC世界ライトフライ級チャンピオンになってから、防衛記録を8まで伸ばしている。本人は、具志堅用高が持つ日本記録「13度連続防衛」を目標にしており、今回の試合を「通過点」と言っている。

対する矢吹正道は、初の世界戦となる。「下剋上」を座右の銘とし、勝利した試合の90%以上がKOという驚異のハードパンチャーだ。今回、V8を達成している拳四朗をKOし、世界王者になり苦労してきた妻と2人の子供に強い姿を見せたいところだ。

寺地拳四朗vs.矢吹正道」のテレビ中継、LIVE配信情報、両者のこれまでの戦績などは以下の通り。

◆「寺地拳四朗vs.矢吹正道」これまでの戦績

◆9月22日当日の中継/放送/配信等の視聴方法

結果速報・関連ニュース

勝者:矢吹正道(10ラウンド2分59秒 TKO)

寺地拳四朗が王座陥落 10回TKOでV9ならず 矢吹が新王者「俺が世界一の男」

王者の拳四朗「何もさせず圧勝」矢吹は戦法「いいたくない」ともに計量1発パス

【ボクシング】13度連続防衛への通過点・V9目指す拳四朗 対するは「下剋上」狙う矢吹正道

【ボクシング】王者・寺地拳四朗 地元V9戦へ「カッコいい勝ち方をしたい」

矢吹正道 王者・拳四朗のコロナ感染で試合延期も「自信は深まった」田中恒成とスパー

拳四朗 コロナ感染の影響なし 8月25日判明…1カ月足らずでV9戦も「自信しかない」

これまでの戦績

寺地拳四朗

・プロデビュー年:2014年
・戦績:18戦18勝 (10KO)
・身長:164センチ
・リーチ:163センチ
・所属ジム/年齢:BMBボクシングジム/29歳
・これまでの主なタイトル:WBC世界ライトフライ級王者、第39代日本ライトフライ級王者

矢吹正道

・プロデビュー年:2016年
・戦績:15戦12勝 (11KO) 3敗
・身長:165センチ
・リーチ:-センチ
・所属ジム/年齢:緑ボクシングジム/29歳
・これまでの主なタイトル:第43代日本ライトフライ級王者


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします