【プロ野球/セ・リーグ】首位阪神と3位巨人が甲子園での今季最終戦 相手エース・菅野智之から勝利なるか

▼セ・リーグ対戦カード

■9/19:阪神 vs 巨人(甲子園球場)
■9/19〜9/20:DeNA vs 中日(横浜スタジアム)
■9/19〜9/20:ヤクルト vs 広島(神宮球場)

◆首位阪神の原動力は…… データで読みとく終盤戦“投打”のキーマン

■広島・鈴木がシーズン自己最多タイの30号を狙う

首位阪神は3.5ゲーム差で3位の巨人と甲子園での今季最終戦。阪神はリリーフ陣が今季の巨人戦で好投を続けている。左腕の岩崎優岩貞祐太は6試合、及川雅貴は3試合、右腕の馬場皐輔は4試合、クローザーのスアレスも4試合でいずれも無失点が続いており、終盤の継投勝負に持ち込みたい。巨人先発の菅野智之とは今季初対戦となるが、昨季は近本光司が16打数7安打、2本塁打の対戦打率.438と相性が良く、最近5試合でも打率.429と絶好調だ。

巨人は中4日の前回登板で白星を挙げた菅野が、4月以来となる自身連勝を狙う。打撃陣では松原聖弥が6試合連続安打中と好調で、OPS.869と得意のカードだ。

2位ヤクルトは最下位広島と2連戦。ヤクルトは塩見泰隆が17日の試合で満塁弾、18日はサイクル安打と破竹の勢いで、最近3試合で13打数8安打の打率.615、7打点をマークしている。広島は鈴木誠也が18日の試合で9月10本目となる29号本塁打を放ち、自己最多の30本塁打まであと1本に迫っている。

現在5位のDeNAは不振の三嶋一輝に代わり、山﨑康晃がクローザーに復帰。18日の試合で431日ぶりとなるセーブを記録した。4位中日大島洋平が8試合連続安打中で、DeNA初戦先発の今永昇太とは最近3年間で15打数7安打と相性がいい。両チームの差は1ゲーム。今季対戦成績は中日が9勝7敗2分とリードしているが、果たしてどうなるか。

(成績は9月18日時点)

◆シーズン終盤に“蚊帳の外” 巨人・丸が重大岐路「一軍帯同」か「中田翔と入れ替え」か

◆ネット裏にメジャー4球団ズラリ! 虎の守護神・スアレスに破格評価「球の上がらない投手」

◆首位阪神が怖いのは巨人よりヤクルトか 「最も爆発力ある」他球団スコアラーも本格警戒

記事提供:ベースボール・タイムズ
データ提供:野球DB


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします