【格闘技/RIZIN.30】ぱんちゃん璃奈、得意の“顔面前蹴り”連発で判定勝ち 無敗12連勝も「もっと力をつける」

(C)RIZIN FF

総合格闘技イベント「Yogibo presents RIZIN.30」は19日、第1試合「ぱんちゃん璃奈 vs. 百花」が行われ、3ラウンド判定の末、3-0でぱんちゃんが勝利を収めた。

◆【速報中/RIZIN.30】9月19日 対戦カード、試合結果、中継情報一覧 第10試合「バンタム級GPトーナメント」に朝倉海が登場

■顔面前蹴り連発もKOならず判定へ

開始早々からリング中央で打ち合う両者。ぱんちゃんがローキックとパンチのコンビネーションで攻め、百花も上下に打ち分けるパンチで応戦。終盤、ぱんちゃんがコーナーに追い詰めるも決定打が出ず、1ラウンド終了。2ラウンド、得意とする顔面前蹴りの連発で前に出るぱんちゃん。しかし百花も一歩も譲らず、ここも互角の試合展開で最終3ラウンドへ。

手を緩めない両者の打ち合いは続き、残り1分を過ぎてKO狙いの一振りを繰り出す。最後は笑顔を見せながらの打ち合いで試合終了のゴングが鳴った。

3ラウンド判定の結果はフルマーク3-0で、ぱんちゃんが勝利。RIZIN初参戦で初勝利を飾ったぱんちゃんは試合後、「すごく期待して試合を見てくれたと思いますが、倒せずにすみません。もっと力をつけて、実力のある選手としてまたRIZINに参戦したい」と語った。

現『KNOCK OUT-BLACK』女子アトム級王者のぱんちゃん璃奈はこれで格闘技デビューからの連勝を「12」とした。

(C)RIZIN FF

◆ぱんちゃん璃奈、試合前の記者会見ではドラゴンボールの孫悟空と憧れのパンちゃんが施したネイルを披露

◆圧勝宣言の朝倉海、兄・未来を倒した”ボンサイ柔術”の使い手に「凶暴な試合を」

◆新大会「LANDMARK」参戦の朝倉未来が萩原京平の“挑発”を一蹴「どうも思わない。圧勝しないと」

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします