【プロ野球/セ・リーグ】首位を狙うヤクルトは敵地にて好調DeNAと3連戦  打率トップ・桑原の打席に注目

▼セ・リーグ対戦カード

■9/21〜9/23:DeNA vs ヤクルト(横浜スタジアム)
■9/21〜9/23:中日 vs 阪神(バンテリンドーム)
■9/21〜9/23:広島 vs 巨人(マツダスタジアム)

◆【セ・今週の注目打者】「4番・岡本和真」の真価が問われる正念場、首位阪神猛追へ爆発なるか

■中日・ビシエドが球団記録に王手

今回はAクラスvs Bクラスの3カード。注目は連勝中のチーム同士となる横浜での3連戦だ。

3つの引き分けを含めて最近6試合負けなしの2位ヤクルトは、サンタナが今季のDeNA戦で対戦打率.355、3本塁打と相性が良く、特に横浜スタジアムでは打率.444と得意の舞台。初戦先発のスアレスは今季のDeNA戦で3試合に先発して2勝0敗、防御率2.25と好成績を残している。

3連勝で4位に浮上したDeNA桑原将志が球団史上3人目の2試合連続先発打者本塁打を記録しており、打率.317はリーグトップ。投手陣では砂田毅樹が自身の連続無失点は15試合で止まったが、その後3試合でホールド、勝ち星をマークするなど、ワンポイントも含めた貴重な中継ぎとして存在感を発揮。今季対戦では4勝11敗2分と大きく後手を踏んでいるが、本拠地で巻き返したいところだ。

首位阪神は5位の中日と対戦。糸原健斗が最近5試合で打率.438と好調で、今季の中日戦でも対戦打率.309をマークしている。自身8勝目を狙う新人左腕・伊藤将司にも注目だ。

対する中日は、ビシエドが日本での通算安打を764本とし、パウエル現打撃コーチの持つ球団外国人最多安打へ残り1本としている。

3位巨人は右肘違和感で離脱していたビエイラが復帰の見込みで、日替わりだった守護神に落ち着きが戻るか。2軍戦6試合で打率5割、4本塁打、13打点をマークした中田翔にも期待。

自力CSが消滅した広島は絶対的クローザーの栗林良吏が9月に入ってまだ2試合しか登板機会がなく、新人王争いのためにもセーブの機会を作りたい。

(成績は9月20日時点)

◆【パ・今週の注目打者】チームを引っ張るロッテ・荻野貴司 マジック点灯ヘの活躍に期待

◆DeNAは“9月だけなら首位” 開幕のどん底から一転…三浦監督が語る急浮上の要因

◆広島・菊池涼ついに陥落か…セの「GG賞」は波乱? データで予想する“最有力候補”

記事提供:ベースボール・タイムズ
データ提供:野球DB


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします