【MLB】大谷翔平、アストロズ戦に「2番DH」先発出場 9月は打率.196と低空飛行も復調の45号弾なるか

エンゼルス・大谷翔平(C)Getty Images

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平投手は21日(日本時間22日)、本拠地エンゼル・スタジアムでのヒューストン・アストロズ戦に「2番DH」でスタメン出場する。

前日の試合では4打数無安打で、打率は.255。第4打席に救援左腕レイリーの初球を捉えた打球は、本塁打まであと一歩というところで失速し中飛に終わった。試合はエンゼルスが0-10と大敗し、4連敗となった。

◆大谷翔平、復調予感の大飛球 MLB公式のMVP予想は「ゲレーロJr.がオオタニを超えることはない」

■ウルキディとは2打数無安打

アストロズは今季7勝の右腕ホセ・ウルキディが先発予定。5月12日(同13日)の試合で対戦した大谷は、2打数無安打に抑えられている。

サルバドール・ペレスカンザスシティ・ロイヤルズ)が捕手として最多となる46号本塁打を放ち、トップのブラディミール・ゲレーロJr.トロント・ブルージェイズ)と並んだが、大谷はこの2人に2本差となる44本で3位につけている。

9月の成績は打率.196、2本塁打と低空飛行が続いている大谷だが、今季も残りわずか12試合。トップの2人に迫るためにも久々の45号弾が期待される。

◆大谷 大飛球届かず9戦ノーアーチ 4打数無安打 打ち損じで顔ゆがめる場面も

◆ペレスがリーグトップ46号、ゲレーロJr.に並び大谷翔平に2差 捕手として史上最多

◆力投翌日も大谷翔平は「良い状態とのことだ」 マドン監督は今後の投手起用に前向き

試合情報

エンゼルス-アストロズ
試合開始:日本時間9月22日(水)10:38
中継情報:AbemaTV、スカパー! Jsports、NHK BS1

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします