【ゴルフ/パナソニックOP】野球界のレジェンド・広澤克実氏が「みんドリ」に参戦! 勝負師が選ぶ顔ぶれとは…

老若男女問わず、ゴルフをお気に入りのスポーツとして挙げる人は少なくない。また、ゴルフを愛する他競技のプロアスリートなども数多く存在する。

コロナ禍において3密を避けられる点などからますます注目されるゴルフだが、何が人々の心を惹きつけるのか。SPREAD編集部では、プロ野球選手としてヤクルト巨人阪神の3球団でプレーし、大のゴルフ愛好家としても知られる広澤克実氏へのインタビューを実施。かつてはドライバーの平均飛距離が350ヤードをマークし、現在も時間がある時はとにかくゴルフという熱烈な愛を誇る広澤氏が考える“ゴルフの魅力”、そして実際に「みんなでドリームチーム対決!」にも挑戦してもらい、選手予想のためのポイントを聞いた。

◆【無料登録/今すぐプレイ】「2021パナソニックオープン」あなたの応援選手でチームを結成!新感覚ゲーム「みんなでドリームチーム対決!」

■「絆を深めるためにはすごく良いスポーツ」

プロ野球選手として活躍し、大のゴルフ愛好家としても知られる広澤克実氏(写真:SPREAD編集部)

NPB通算306本塁打を放ったスラッガーは、大のゴルフフリークでもある。「Do」と「Watch」の両方を楽しんでいる広澤氏だが、コロナ禍であってもゴルフとの付き合い方はこれまでと変わっておらず、「(オフの際は)ずっとゴルフ」と相好を崩す。ゴルフ界の現状についても、実体験を交えて語ってくれた。

「ゴルフ練習場にも初心者の方が増えたし、ゴルフ場でもよく若い人を目にするようになりましたね。ゴルフ場関係者に話を聞いても、入場者数は非常に増えていると。コロナ禍で体を動かしたり、他の方とコミュニケーションをとったり、そういった意味でも今はゴルフを楽しむチャンスですよね」。

3密を避けられるスポーツ、レジャーとして今また注目されるゴルフ。では、初心者やこれからゴルフを実際に楽しんでみようと考えている人達が大事にするべき点とは何なのか。広澤氏は「まずは楽しむことが大事」と強調する。

「昔は『うまくやるよりも早くやる事が大事』と言われていたこともあるけど、これだと上達しないですよね。やはりまずはゴルフスクールでしっかり教わるのが大事だと思う。スクールに行けば上達もするし、ゴルフをより楽しめるようになる。それに、仲間もできるはずです。

ゴルフって、お昼も入れたら5時間も一緒にいるわけじゃない? すごく親密になれるチャンスがある。コロナ禍だから、(若者には)余計に新鮮なんだと思う。気の合った人たちといけば5~6時間も非常に楽しい時間になるしね。ゴルフは絆を深めるためにはすごく良いスポーツですよ」。

現在でも年間約70ラウンドをこなすという広澤氏だが、「Watch」という部分でも「時間がある時は、朝の5時半くらいからずっとゴルフ専門チャンネルを見てます」とそのゴルフ愛は特筆もの。中継を見て楽しむポイントを尋ねると、「まずはお気に入りの選手を見つけて応援する。ビジュアルから入ってもいいし、デシャンボーなどの特徴的な選手を追いかけてもいいと思います」と、ここでもやはり純粋な気持ちでゴルフを楽しむことが重要だと語ってくれた。

◆【無料登録/今すぐプレイ】「2021パナソニックオープン」あなたの応援選手でチームを結成!新感覚ゲーム「みんなでドリームチーム対決!」

■「どうしようかな…」熟考の末たどり着いたドリームチーム

そして、広澤氏には今話題の「みんなでドリームチーム対決!」(みんドリ)にも挑戦してもらった。「みんドリ」は9月23日~26日に京都府・常陽カントリー倶楽部で開催される「パナソニックオープン」を対象とし、出場する120名の選手から「1日4選手」を選択するだけのゲーム。指定された4つのカテゴリーからそれぞれ1選手を選択し、1ラウンド毎の合計スコアで、全国のユーザーとランキングを競う。ランキング上位に入賞すると、総額200万円相当の家電製品など豪華賞品がもらえる。

◆【無料登録/今すぐプレイ】「2021パナソニックオープン」あなたの応援選手でチームを結成!新感覚ゲーム「みんなでドリームチーム対決!」

選手選びのコツについて広澤氏は「プロのツアーではやはりパットの出来が勝敗を分けるのでは。バーディーが入るのか、3オン1パットで決めるのか……(試合を見たうえで)パットの調子が良い人を選んでみるのも手ですね」と、通らしい“読み”を披露した。

「みんドリ」では、大会参加選手が4つのカテゴリーに振り分けられており、レジェンド(優勝経験3回以上)、チャンピオン(優勝経験者)、ユース(選手会長より年齢が下の選手)、ミドル&ベテラン(選手会長より年齢が上の選手)から各1選手を選ぶ。「どうしようかな……悩みますね」と、リストを眺め思案した広澤氏。熟考の末に決定した「広澤克実のドリームチーム」は以下の通りだ。

※A=レジェンド、B=チャンピオン、C=ユース、D=ミドル&ベテラン

▼初日のドリームチーム:
A:星野陸也
B:S・ビンセント
C:池村寛世
D:上井邦裕

▽初日の結果:

▼2日目のドリームチーム:
A:C・キム
B:S・ビンセント
C:大岩龍一
D:T・ペク

▽2日目の結果:

▼3日目のドリームチーム:
A:C・キム
B:木下稜介
C:亀代順哉
D:永野竜太郎

▽3日目の結果:

▼4日目のドリームチーム:
A:C・キム
B:S・ビンセント
C:中島啓太
D:永野竜太郎

▽4日目の結果:

初日の結果やプレーを実際に見たうえで、2日目以降は変更していくとゲーム攻略に意気込む広澤氏。2日目以降の予想は、前日のラウンドが終了したら公開予定だ(※SPREADのTwitterなどで公開予定)。

初日のチョイスについてだが、Aのレジェンド枠では、今季安定している星野を選択。賞金王争いで上位につける好調ぶりに期待を寄せた。悩んだというのはBのチャンピオン枠。今年調子がよい大槻智春、木下稜介、堀川未来夢も捨てがたいとしながら、直前のANAオープンでツアー2勝目を挙げたビンセントを高評価。大会覇者になる可能性もあると、その実力に太鼓判を押した。

C、D枠には今年の成績を振り返りながら、広澤氏がプレーを見て気になっているという2選手をピックアップ。2日目以降、猛チャージをかけるダークホースが登場すれば直前で変更することもありそうだ。

19年間、野球界を生き抜いてきた勝負師でもある広澤氏は、果たして「みんドリ」でも勝負強さを発揮し予想を的中させるのか。

応援企画

SPREADでは広澤克実氏と予想対決ができる「俺に勝ったら10万円」キャンペーンも受付中!「みんドリ」に参加し、各ラウンド終了後にゲームのランキング画面を指定の方法でTwitterに投稿するだけで、Amazonギフト券獲得のチャンス!

【SPREAD応援企画】パナソニックオープン「みんなでドリームチーム対決!」で[俺に勝ったら総額10万円-Amazonギフト券1000円分×100名様]

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします