サッカー選手が麻薬撲滅CMに出演…テーマは「少年に訪れた人生の分岐点」

リバプールのエジプト代表FWモハメド・サラー選手が、麻薬撲滅を訴えるCMに出演した。インスタグラムでサラー選手は、「ドラッグにNOと言おう」と呼びかけている。

少年に訪れた人生の分岐点がテーマ

セリエAのローマから今季、イングランド・プレミアリーグのリバプールに移籍したサラー選手は、持ち前のスピードを活かしたプレーでゴールを量産。得点王ランキング(4月2日時点の情報)ではトップを走る。

サッカー選手として世界的な成功を収めるサラー選手を起用したCMは、森の中を走る同選手の姿から始まる。それに続いて年上のグループに混じり笑顔を見せる少年の姿が映し出される。

ここから映像はサラー選手と少年の姿を交互に映す。黙々とランニングで汗を流すサラー選手に対し、次の場面で少年はグループから何かを強要されている。顔を曇らせる少年の前に示されるのは、ドラッグを勧めてくるグループとの付き合いか、スポーツで汗を流す同世代の少年たちとの付き合いかの2択。

心配そうに見つめるサラー選手の前で、少年は同い年のグループとの付き合いを選ぶ。それを見たサラー選手は安堵の表情を浮かべて再び走り出すのだった。

少年の人生を決める選択がテーマのCMにフォロワーからは、「あなたの言う通りだよサラー」「我々は薬に負けない強さを持っている」「君は最高のお手本になるだろうね」などのコメントが寄せられている。

Say NO to drugs! أنت أقوي من المخدرات…

A post shared by Mohamed Salah (@mosalah22) on

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします