【アジア大会】なでしこジャパンと他競技の交流が楽しそう…これも国際大会の醍醐味?

アジア大会に参加中の女子サッカー日本代表GK池田咲紀子選手がツイッターを更新して、菅澤優衣香選手と一緒にビーチバレーを観戦する様子を投稿した。

池田選手は「今日はゆいぴーとビーチバレーの試合を観戦しました」と試合の様子や、観戦中に撮った2人の写真、そして試合後に撮影した上場雄也選手との2ショットを掲載している。

様々な競技が集まるアジア大会では、サッカー単独の大会だけでは起こらない競技や選手との出会い、交流もある。

ファンからも「いろんな競技の選手と交流が出来るのがアジア大会の良いところだなぁ」とコメントが寄せられていた。

テニス観戦やセパタクロー代表に飛び入りする選手も

サッカー女子日本代表では長谷川唯選手も20日にツイッターを更新して、「一方的に知ってる穂積絵莉さんの応援にいきました」と女子テニス観戦の様子を投稿している。

一緒に行った籾木結花選手とともにサーブの真似をしながら、「テニスめちゃめちゃきつそうだけど、楽しそう」と違う競技にも興味が出た様子。

穂積選手からも「応援ありがとうございました!!本当に嬉しいです。わたしも時間見つけてサッカーの応援行きたいと思っています!」と返信がきていた。

長谷川唯 選手 (c)Getty Images

岩渕真奈選手は「男子のセパタクローの選手が宿舎の前でセパタクローしててすごいなーって見てたら仲間に入れてくれました」と投稿。

飛び入り参加になったが『足のバレーボール』とも言われるセパタクローを楽しみ、終わったあとは「とっても楽しかった。時間があったら応援しにいこ。ボール欲しいなー」と競技の魅力を感じられたようだ。

岩渕真奈 選手(c)Getty Images

≪関連記事≫

ヤングなでしこがU-20W杯優勝など国際大会3冠のなでしこジャパン…2大会ぶりのW杯制覇に期待

萩野公介、アジア大会の成績に悔しさを綴るも…「意味のあるいいレースができました!」

奥原希望が「最強で、最高のチーム」での集合写真を公開…女子バドミントン団体が48年ぶりにアジア制覇

【アジア大会】瀬戸大也、獲得した金メダルを手に…「200m個人メドレーのリベンジ果たせました」

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします