【プロ野球/セ・リーグ】12戦無敗の首位ヤクルトは本拠地でDeNAと対決、連勝をどこまで伸ばせるかに注目

▼セ・リーグ対戦カード

■9/28〜9/30:ヤクルト vs DeNA(神宮球場)
■9/28〜9/30:阪神 vs 広島(甲子園球場)
■9/28〜9/30:中日 vs 巨人(バンテリンドーム)

◆【パ・見どころ】47年ぶりシーズン優勝を目指すロッテ、2位オリックス相手にマジック点灯なるか

■DeNA・東が19年以来の一軍登板

最近12試合負けなしの8連勝で首位のヤクルトは、山田哲人村上宗隆のシーズン30本塁打超えのコンビが26日の試合で合わせて9打点と大爆発。特に史上最年少でシーズン100打点をマークした村上は、今季のDeNA戦で対戦打率.318、6本塁打と相性がいい。投手陣では、隠れ新人王候補の奥川恭伸が9月の月間防御率0.64と好調で自身3連勝を狙う。

DeNAは左ひじ手術から復帰した東克樹が767日ぶりの一軍登板。18年の新人王がチームの連敗を止められるか。打撃陣ではリーグ首位打者に浮上したオースティンが7試合連続安打中と好調で、今季のヤクルト戦も対戦打率.316と好成績を残している。

ゲーム差なしの2位阪神は、今季の広島戦で7試合に先発して5勝1敗、対戦防御率1.49と鯉キラーの秋山拓巳が初戦先発で必勝態勢。

広島小園海斗が24日の試合で5安打を記録するなど、最近5試合の打率が.521と確変モードに入っている。

自力優勝が消滅した3位巨人は、身長2メートルの高卒大型ルーキー・秋広優人が、二軍で9月の月間打率.290、3本塁打の好成績で今季二度目の一軍昇格。

チーム40年ぶりの同一カード3連戦無得点と打撃不振が深刻な中日は、ビシエドが今季の巨人戦で対戦打率.333、大島洋平が同.325でクリーンアップの前にチャンスを作りたい。

(成績は9月26日時点)

◆【セ・今週の注目打者】打率3割目前の巨人・坂本勇人 絶好調のバットで勝利に貢献する一打に期待

◆【パ・今週の注目打者】9月の打率3割超えと好調のオリックス・宗佑磨 苦手であるロッテ戦を克服できるか

◆巨人がV逸にらみ“在庫一掃”準備着々 昨オフ以上の大リストラ確実でFA組と当落線上選手は戦々恐々

記事提供:ベースボール・タイムズ
データ提供:野球DB


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします