【プロ野球/今週の注目打者】打率3割目前の巨人・坂本勇人 絶好調のバットで勝利に貢献する一打に期待

巨人・坂本勇人 (C)Getty Images

巨人坂本勇人は、24日と25日の阪神戦で2試合連続の複数安打を放つなど9月の打率.392と好調。今週は中日DeNAと対戦するが、今季チーム別打率がともに.254と相性が良いとは言えない。今月は苦しい試合が続いているだけに、主将のバットから勝利に貢献する一打に期待したい。

◆【パ・注目打者】9月の打率3割超えと好調のオリックス・宗佑磨 苦手であるロッテ戦を克服できるか

■9月は79打数31安打と絶好調

9月27日現在で首位と4ゲーム差の3位の巨人。9月に入って6勝11敗5分の勝率.353という苦しい戦いが続いているが、その中で気を吐いているのが、主将の坂本である。

今季の働きを月別に振り返ると、5月に月間打率.364をマークした後、6月は打率.217、7月を打率.250と調子を落としたが、東京五輪を挟んだ後半戦に入り、8月に打率.259とやや調子を上げると、9月は現時点で打率.392(9月は現時点で打率.392(79打数31安打)、5本塁打、14打点と絶好調。先週の6試合でも、猛打賞1回、マルチ安打2回をマークし、打率.391(23打数9安打)、1本塁打、4打点を記録し、9月の月間打率は、鈴木誠也広島)の打率.384を上回り、リーグトップを誇っている。

迎える今週は中日との3連戦で9月が終了し、10月に突入する。ここまでの9月は、自らのバットがチームの勝利につながることが少なかったが、今週はどうなるか。今季通算でも打率.298と3割到達目前の中、坂本のバットに対する期待は大きい。チームを勝利に導く一打を放つことができるか。

(成績は9月26日時点)

◆【セ・見どころ】12戦無敗の首位ヤクルトは本拠地でDeNAと対決、連勝をどこまで伸ばせるかに注目

◆【パ・見どころ】47年ぶりシーズン優勝を目指すロッテ、2位オリックス相手にマジック点灯なるか

◆川口和久氏が語る巨人・菅野智之の現在地 今こそエースに求められる“虎退治”

記事提供:ベースボール・タイムズ
データ提供:野球DB


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします