【MLB】大谷翔平、6試合ぶりの46号本塁打ならず ライバルのペレスは47号弾

エンゼルス・大谷翔平 (C)Getty Images

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平は28日(日本時間29日)、敵地グローブライフ・フィールドでのテキサス・レンジャーズ戦に「2番DH」でスタメン出場。3打数無安打1四球と46号弾とはならなかった。

チームはレンジャーズに2ー5で敗れた。

◆契約延長残留について、大谷翔平の答えは「勝つことが一番大事」 米紙「エンゼルスは警告を受けた」と指摘

■6試合ぶりの46号弾はならず

大谷は初回、相手先発A.J.アレクシー相手にファールで粘り、8球目のストレートを見極めて四球を選ぶものの、後続が凡退。得点機創出とはならなかった。2打席目は遊ライナー、3打席目は見逃し三振、4打席目は遊ライナーに終わり、6試合ぶりの46号本塁打はお預けとなった。

ア・リーグの本塁打王争いをするサルバドール・ペレス(カンザスシティ・ロイヤルズ)は同日のクリーブランド・インディアンス戦で単独トップに立つ47号弾を放った。大谷、ブラディミール・ゲレーロJr.(トロント・ブルージェイズ)との三つ巴の争いは、ペレスの一歩リードとなった。

◆大谷翔平、本塁打王に黄色信号 50本の大台勝負か、ペレス47号弾で2本差に

◆波紋広げる大谷翔平の発言についてマドン監督が言及 「彼は退団を望んでいるわけではない」

◆ロイヤルズのペレス、大谷翔平とのMVP争いにも名乗りか 117打点で2位と4差の打点王で二冠

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします