【スポーツビジネスを読む】モンストからバスケへ 田村征也・千葉ジェッツふなばし代表取締役社長 前編 就任一年目で悲願の初優勝

悲願のBリーグ制覇でチーム集合写真 ©CHIBAJETS FUNABASHI/PHOTO:Keisuke Aoyagi

2017年、18年、19年と天皇杯 全日本総合バスケットボール選手権大会を3連覇、Bリーグ発足時から「強豪」、「4強」の一角とされながら、リーグでは2017-18、2018-19シーズンとチャンピオンシップ決勝でアルバルク東京の前に屈し、Bリーグの頂点に立てずにいた千葉ジェッツふなばしは2020-21 シーズン、悲願の初優勝を成し遂げた。

田村征也千葉ジェッツふなばし社長が就任したのは2020年7月。つまり、Bリーグ発足後、なかなか届かずにいた初優勝を就任一年目にして成し遂げた。もちろん社長ひとりの手腕で優勝を為せるほどスポーツは甘くもなく、また島田慎二・前会長、米盛勇哉・前社長ら前任者の尽力、シーズンを通して戦い抜いた選手、それを支えたチームスタッフの努力があってこそ、その結果ではあるものの、いったいいかような手腕を発揮したのかは、スポーツ界の者ならずとも気になるところ。千葉県船橋市役所近隣の事務所にお邪魔し、話を聞いた。

◆【インタビュー後編】モンストからバスケへ 田村征也・千葉ジェッツふなばし代表取締役社長 金満球団のレッテル払拭に苦心中

■ミクシィから千葉ジェッツふなばしへ

田村さんは、キャリアのスタートからスポーツビジネスに縁があったわけではなかった。和製SNSが全盛だった2009年、新入社員として株式会社ミクシィに入社。そこで広告営業を担当した。まだスマホの普及前、メインはPCやガラケー上での純広告のセールスだったという。

その後、SNS mixi上でプレーできるゲームを調達すべく、プラットフォーム事業へと異動。ゲームのディベロッパー的役割も担った。その後、マーケティング寄りの業務にも従事した。

この頃、業績が厳しくなり、社は課金をメインにしたビジネスモデルに転換を図る。2013年、人気ゲーム「モンスターストライク」のリリースに際し、マーケティング部長として、アプリでの集客のほか、YouTubeを活用、TV CMをオンエアなどマスマーケティングにも打って出た。また、ユーザーのロイヤリティを高めるために、大規模なリアル・イベントも展開。これが2日で4万人を集めるほどに成長、社会現象として注目を浴びる結果に。

この展開が、のちにスポーツビジネスに活かされるとは、この時点では想定していなかった。

ONLINEからリアルへ、もちろんイベント運用を手掛けるからには、チケットの販売、物販を手掛ける運びとなる。すべてミクシィとしては初めての試みだった。さらに「ライセンス・アウト」を実践。3DS版モンストを作るなど、ビジネス領域は広がって行った。

この頃、執行役員およびライブエクセリエンス事業本部長として、XFLAGブランドの成長に取り組み、eスポーツのプロ化についても取り組む。これが結果的にスポーツ領域に踏み込むきっかけとなり、スポーツ事業本部本部長という役職に。ここでFC東京東京ヤクルトスワローズのスポンサー活動にも尽力した。

「ゲーム内の課金をメインとして来ましたが、ゲームをIP(インテレクチュアル・プロパティ)と捉え、それを中心とし周辺360度ビジネスについて考えると、芸能やスポーツに似通って来ます。ゲームをスポーツに置き換えた際、ゲームと同じビジネスをスポーツでも活かせるのではないか……という方針に至りました」と社としての展開を解説する。

チーム事務所にて取材に応える田村社長 撮影:SPREAD編集部

千葉ジェッツとの提携から資本関係により2020年7月、代表取締役に就任。完全にスポーツビジネスに軸足を移すに至った。しかし、もともとはスポーツ好き。

「小中高とサッカーをやっていました。出身が長野なものですから、社会人になっても夏はサッカー、冬はスノボ、そしてバスケットボールも好きなんです。ゲームは6年も担当してきて『そろそろ新しい挑戦をしたい!』と思っていたところ、社内でリアル・ビジネスを展開した経験を持つ人材があまりいなかったので、白羽の矢が立ったのかと思います」。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします