ジャパンC

Advertisement

【ジャパンC/追い切り診断】“復調サイン”ドウデュースと並ぶ高評価 「GIで勝ち負けを意識できるレベル」コラム

【ジャパンC/追い切り診断】“復調サイン”ドウデュースと並ぶ高評価 「GIで勝ち負けを意識できるレベル」

■タイトルホルダー 【中間調整】3歳時に菊花賞を5馬身差V。昨年は天皇賞・春、宝塚記念を連勝した国内最強クラスの一角だ。しかし3連覇の懸かった今年の天皇賞・春でまさかの競走中止。初体験となる京都の下り坂で走りを大きく乱し…