アトレティコ退団発表のグリーズマンってどんな人?生い立ちから今までに迫る…「第2の祖国」ウルグアイとの関係性とは?

2018年6月14日から約1ヶ月の日程で開催されたロシアW杯は、フランスの20年ぶりの優勝で幕を閉じた。日本代表の活躍もあり、まだ記憶に残っている方も多いのではないだろか。

フランスのW杯での戦いぶりを振り返ると、グループリーグこそ3試合3得点とややスロースタートではあったものの、決勝トーナメントではアルゼンチン、ウルグアイ、ベルギーに勝利し、決勝でもクロアチアを4-2で破り自国開催以外では初となるW杯制覇を果たした。

そんなフランス代表の攻撃陣を牽引したのが今大会4ゴール2アシストの活躍を見せたアントワーヌ・グリーズマン選手。

今大会で注目された神童・エムバペ選手の良さを引き出しながら自らも結果を残し、まさに”エース”としてチームを優勝へ導いた。

View this post on Instagram

Elle brille tellement 😍😍😍

Antoine Griezmannさん(@antogriezmann)がシェアした投稿 –

そんなグリーズマン選手にとってターニングポイントとなった試合が準々決勝のウルグアイ戦。

グリーズマン選手とヴァラン選手のゴールでフランス代表が2−0で勝利し、3大会ぶりとなる準決勝進出を決めた試合だ。

(c)Getty Images

この試合で話題となったのはグリーズマン選手が決めた2点目のゴール。

ペナルティエリアの外から放ったブレ球シュートは、ウルグアイ代表GKムスレラ選手の手を弾いてそのままゴールへと吸い込まれた。

準々決勝という舞台でチームを勢いづかせる2点目に、通常なら喜びを爆発させるところだがグリーズマン選手は喜びを表さずどこか浮かない表情。

グリーズマン選手は「ウルグアイは第2の祖国」と試合前から明かしており、相手への敬意を表すために得点を喜ばなかったという。

(c)Getty Images

この行動には彼の人間性の良さが如実に表れているが、その理由は彼のキャリアに大きく関わっていた。

一体どのような思いでウルグアイ代表との一戦に臨み、どのような思いでサッカーという競技に向き合っているか。

今回は、そんなグリーズマン選手の現在とこれまでについて詳しく紹介していきたいと思う。

アトレティコ・マドリード退団発表

まず始めに、同選手の近況について紹介する。

現在、スペイン1部の名門アトレティコ・マドリードに所属するグリーズマン選手だが、2019年5月14日、クラブの公式SNSで今シーズン限りでの退団が発表された。

本人も動画でコメントしており、「新たな経験、新しい挑戦をするため、クラブを離れることを決めました」と述べている。

来期の移籍先はまだ公表されていないが、バルセロナの加入が噂されている状況だ。

2018年のW杯の活躍もあり、その注目度をより一層加速させているグリーズマン選手。来期も当然新たな移籍先での活躍が期待されるが、ここからは、同選手がどのようにこれほどまでの選手に成長を遂げたのか、その生い立ちや人柄に迫っていきたいと思う。

政治家の子として裕福な家庭に生まれる

グリーズマン選手は1991年3月21日、フランスの中央部に位置するマコンで誕生。

父親は元々町の評議員を務めた政治家で、文字通り裕福な家庭で生まれ育った。

母方の祖父であるアマロ・ロペスさんはかつてポルトガルのサッカー選手で、グリーズマン選手は母方のフットボーラーとしての血を受け継いだと考えられる。

(c)Getty Images

そんな祖父の影響を受けてか、マコンから約70キロ離れたリヨンのサポーターになったことからサッカーにのめり込むようになり、1998年に行われたフランスW杯でフランス代表の中心だったジダン選手とアンリ選手に夢中になった。

当時はその2人のスーパースターのシャツを着て、一生懸命応援していたという。

憧れのクラブのユース入りは叶わずも、才能を見出されスペインへ

少年時代から才能を持ち合わせていたグリーズマン選手は、憧れのリヨンのアカデミー入りを目指していたが、体格があまりに虚弱と評価され落とされてしまう。

地元へ戻り、故郷のマコンのクラブのユースチームでプレイヤーとしてのキャリアをスタートさせた。

2005年、フランスのクラブ・モンペリエのトライアル中に好プレーを見せ、いくつかのクラブのスカウトの目に止まる。

そのなかでスペインのレアル・ソシエダがグリーズマン選手に対してもっとも興味を示し、ユース契約を申し出た。

グリーズマン選手の両親は息子がスペインへ移住することに否定的であったが、クラブの熱意を理解し息子をスペインへ送り出した。

View this post on Instagram

L – DemBrook ! 😍😎

Antoine Griezmannさん(@antogriezmann)がシェアした投稿 –

トップチームデビューとウルグアイとの関係

下部組織で着実に力をつけていったグリーズマン選手は、18歳を迎えた2009年にレアル・ソシエダでトップチームデビューを果たす。

当時はウルグアイ人監督のマルティン・ラサルテ氏を父親のように慕い、同じくウルグアイ人のチームメイトのカルロス・ブエノ選手を兄のような存在として見ていた。

グリーズマン選手はマテ茶好きとして知られているが、その魅力はブエノ選手から教わったという。

レアル・ソシエダ時代 (c)Getty Images

2014年夏、レアル・ソシエダでの活躍に注目した国内きっての強豪アトレティコ・マドリードがグリーズマン選手を獲得。

アトレティコ・マドリードには、グリーズマン選手に大きな影響を与えることになるウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディン選手、同じくウルグアイ代表DFホセ・ヒメネス選手が在籍していた。

左:ディエゴ・ゴディン選手 右:グリーズマン選手

View this post on Instagram

La sonrisa es el idioma universal de los hombres inteligentes ! #😏 #UruguayNoma ! Le sourire est le language universel des hommes intelligents.

Antoine Griezmannさん(@antogriezmann)がシェアした投稿 –

2014年に加入して以降すぐに中心選手として活躍を見せ、2015-16シーズンのチャンピオンズリーグ準優勝、2017-2018シーズンのヨーロッパリーグ優勝などチームの栄光に貢献し続けている。

また、グリーズマン選手個人としても、2016年に世界最高のサッカー選手に送られる「バロンドール」でC.ロナウド選手、メッシ選手に次いで3位にランクインするなど、アトレティコ・マドリードに移籍してから一気にスターの階段を駆け上がった。

View this post on Instagram

🏆🏆 Plus motivé que jamais. Mas motivado que nunca #PremiosLaLiga

Antoine Griezmannさん(@antogriezmann)がシェアした投稿 –

注目を集める特徴的なゴールパフォーマンス

グリーズマン選手はゴールしたときに見せるパフォーマンスも特徴的で、人気ゲーム『フォートナイト』のエモートダンスを披露するのが定番となっている。

ロシアW杯では、決勝のクロアチア戦で得点を決めた際にも披露している。

View this post on Instagram

Quand tu fais un Top1 en section 😜 #VictoireRoyale

Antoine Griezmannさん(@antogriezmann)がシェアした投稿 –

長期の交際を経て、2017年6月に結婚

また、グリーズマン選手は長く付き合っていたエリカ・ショペレナさんと2017年6月に結婚。

2017年3月、エリカさんの誕生日を祝福するメッセージを記したシャツをユニフォームの下に着用し、当日行われていたバレンシアとの試合でゴールを決めたのち、ユニフォームをめくってピッチ上で祝福した。

ただ、ユニフォームを脱ぐ行為は違反とされているため、スペインのサッカー協会から罰金と警告を受けた。グリーズマン選手はすぐに罰金を支払い自分の愛を自分のスタイルで貫いた。

View this post on Instagram

Un camino lleno de felicidad 👣⭐️ #GriziCoro

Antoine Griezmannさん(@antogriezmann)がシェアした投稿 –

View this post on Instagram

Tout est dit 😍🤙🏽

Antoine Griezmannさん(@antogriezmann)がシェアした投稿 –

娘の名づけ親はゴディン

第一子となる娘・ミアちゃんは結婚前に授かった。

ミアちゃんの名付け親はチームメイトのディエゴ・ゴディン選手で、このエピソードからも2人の関係の深さがわかる。

「ディエゴは素晴らしい友人です。彼とはピッチの中でも外でもいつも一緒にいます。私の娘の“ゴッドファーザー”です。私がアトレティコとの契約を結ぶ気にさせてくれたのも彼です」

View this post on Instagram

😍😍😍

Antoine Griezmannさん(@antogriezmann)がシェアした投稿 –

View this post on Instagram

Allez les bleus 🇫🇷👸🏼

Antoine Griezmannさん(@antogriezmann)がシェアした投稿 –

一方で、ゴディン選手はグリーズマン選手について「彼はウルグアイ人に対する大きな愛について語ってくれました。私たちの国の習慣や音楽を愛し、彼は私よりもマテを飲んでいます」と、ウルグアイ人の文化に馴染んでいることを明かしている。

View this post on Instagram

Bon week-end à tous ! 💪

Antoine Griezmannさん(@antogriezmann)がシェアした投稿 –

ウルグアイの”想い”も背負って優勝という恩返しに成功

グリーズマン選手はウルグアイのプレースタイルを高く評価し、なかでもカバーニ選手に対しては絶賛している。

「彼らのプレースタイルとスピリットは、私のクラブを思い出させるものです。安定したバックラインと素晴らしい攻撃陣が強みだと思います」

「特にエディソン・カバーニは最高のストライカーだと思います。彼はチームのために働き、そしていつもボールを要求している。彼は決して何かをあきらめることはありません。彼はペナルティエリアに入っているとき、1度や2度のチャンスでしっかりとシュートを決めます」

(c)Getty Images

ウルグアイとの試合前にはアトレティコ・マドリードでチームメイトであるゴディン選手、ヒメネス選手と抱き合い、お互いの健闘を祈っていたグリーズマン選手。

だからこそ、親友らの思いを汲んで貴重なゴールを挙げたにもかかわらず喜びを表さなかった。

レアル・ソシエダで出会ったラサルテ監督、ブエノ選手、そして現チームメイトであるゴディン選手、ヒメネス選手。

グリーズマン選手は多くのウルグアイの友人たちに支えられて、これまでのキャリアを歩んできたのだ。

決勝終了後に見せた男泣きには、“第2の祖国”ウルグアイへの想いと、優勝を果たして恩返しできた喜びが表れていたのかもしれない。

今シーズンで5年間滞在したアトレティコ・マドリードを去り、来期から新天地に身を置くグリーズマン選手。しかし、どんな状況に立たされても常に結果を残し続けてきた彼なら、きっと新たな移籍先でも今まで通りの活躍を見せるのではないだろうか。

View this post on Instagram

Uruguay Nomaaaaa ! Vamo @pablocuevas86 ! 🇺🇾🇺🇾 #Papote

Antoine Griezmannさん(@antogriezmann)がシェアした投稿 –


参考:https://www.fifa.com/worldcup/news/griezmann-the-uruguayan-2981179https://lifebogger.com/antoine-griezmann-childhood-story/、https://www.transfermarkt.com/antoine-griezmann/leistungsdatendetails/spieler/125781

<関連記事>

フランスが20年ぶりのW杯優勝!表彰式の様子が『ナウシカ』っぽいと話題に

フランス代表グリーズマンの背番号が”7″の理由…夏なのに長袖なのはどうして?

フランス代表の神童エムバペ(ムバッペ)ってどんな人?生い立ちや家族、経歴に迫る

フランス代表・カンテってどんな人?生い立ちや人柄に迫る…ゴミ拾いの仕事からはじまった人生

クロアチア代表モドリッチがかわいい!喜びを身体いっぱいで表現…子どもたちとピッチを駆け回る姿も

モドリッチってどんな人?生い立ちや人柄に迫る…貧しかった少年が世界最高のMFとして成長するまで

ラキティッチってどんな人?生い立ちや人柄について迫る…一目惚れから結婚に至った経緯がまさにドラマチック

グリーズマンの男泣きにファンも貰い泣き…どうしても掴み取りたかった”優勝”

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

フランス代表エムバペってどんな人?生い立ちや家族、経歴に迫る

2018年ロシアW杯決勝でクロアチアを4-2で退け、20年ぶりとなる優勝を果たしたフランス代表。

その中でも次代のスター候補生として世界にもっとも名を轟かせた選手は、フランス代表のエースナンバーを背負ったキリアン・エムバペ選手だろう。

圧倒的なスピードと多彩なテクニックを併せ持ち、トップスピードに乗った時のドリブルはもはや誰にも止めることのできないほどの破壊力がある。

弱冠19歳ながらロシアW杯では得点ランキング2位タイとなる4ゴールをあげ、クロアチアとの決勝戦でもダメ押しとなる4点目を決めるなど世界中を驚かせた。

(c)Getty Images

エムバペ選手は2017年3月に18歳でフランス代表デビュー。

タレントの宝庫とも言われるフランス代表でエースナンバーを託され、サッカーの王様・ペレと比較されるなど今大会でもっとも注目を集めたプレイヤーと言っても過言ではない。

スポーツ一家に生を受ける

1998年12月20日、自国開催のW杯でフランスが優勝した半年後に、パリ北東部のボンディでエムバペ選手は誕生した。

カメルーンとナイジェリアにルーツを持つ父は地元のサッカークラブ・ASボンディのコーチを務め、アルジェリアにルーツを持つ母はプロのハンドボール選手というスポーツ一家で育てられた。

フランスのレンヌなどで活躍したジレス・ケンボ・エココ選手が義理の兄にあたり、10歳年下のエムバペ選手にとってレンヌで活躍するエココ選手は最初のアイドルだった。

父のサッカーの才能、母の運動神経、憧れの的としての義理の兄の存在が、幼きころのエムバペ選手の成長を助けた。

“特別”な存在の弟

7歳年下のイーサンという弟もおり、エムバペ選手がチャンピオンズリーグに出場する際にもエスコートキッズとして招待している。

「彼(イーサン)が望んだんだ。素晴らしい瞬間だった。彼が私の頭を叩いて、『連れて行って』と言ったから『連れて行こうじゃないか』って言ったんだ」

View this post on Instagram

Always with my bro 🤙🏽✊🏽

A post shared by Kylian Mbappé (@k.mbappe) on

また、エムバペ選手がゴールを決めた際に腕を組んで親指をあげるポーズにも弟のイーサンが深く関わっている。

「プレイステーションのサッカーゲームでイーサンが勝った時、僕に対してそのように祝うんだ」と、弟のポーズを真似していることをエムバペ選手は明かしている。

(c)Getty Images

義理の兄を尊敬し、年の離れた弟を可愛がる。エムバペ選手の人間性も、彼がスターの階段を駆け上がっていくのを手助けしているかもしれない。

View this post on Instagram

🎄🎉👀✨…

A post shared by Kylian Mbappé (@k.mbappe) on

最年少記録を塗り替えて称された”アンリ2世”

エムバペ選手は2013年からモナコのユースチームに所属し、16歳の時にトップデビューを果たす。

クラブの最年少得点記録を塗り替え、それまでの記録を持っていた英雄・アンリさんにちなんで”アンリ2世”と呼ばれるようになった。

2016-17シーズンには44試合に出場し、26ゴール14アシストの活躍でモナコのリーグ制覇、CLベスト4入りに貢献。

モナコでの活躍が認められ、2017年夏にパリ・サンジェルマンへの移籍が実現した。

今シーズンは46試合に出場し、21ゴール16アシストをマーク。彼の実力が本物であることを証明し、前シーズンに続きリーグ・アンのベストイレブンと最優秀若手賞の2冠に輝いた。

一流の監督や選手からも高い評価

若くして成功を収めているエムバペ選手は世界の一流選手からもその才能と将来性を称賛されている。

今シーズン限りでアーセナルの監督を退任した名将・ヴェンゲル監督もエムバペ選手の活躍に期待を寄せている。

「彼はティエリ・アンリではないが、彼と同様のクオリティーを持っており、将来性と才能がある」

(c)Getty Images

また、モナコ時代にチームメイトで、現在はマンチェスター・シティに所属するベルナルド・シウバ選手は「はじめに見た時からボールの触り方など他のプレーヤーとは違った何かを持っている選手だと感じた。私たちがタイトルを獲得するのを彼が引き続き手助けしてくれるだろう」と信頼を寄せていた。

19歳でベストヤングプレーヤー賞受賞、その先に目指すはバロンドール

エムバペ選手は今大会で最も活躍した若手に贈られるベストヤングプレーヤー賞を受賞。ちなみに、前回のブラジルW杯では同僚のポール・ポグバ選手が受賞した。

View this post on Instagram

DANS L’HISTOIRE À JAMAIS 🌍🏆…

A post shared by Kylian Mbappé (@k.mbappe) on

クラブでの最優秀若手賞も含め、個人タイトルを次々に獲得し続けているエムバペ選手。

過去10年、その年に世界で最も活躍した選手が受賞するバロンドールは、ポルトガル代表・C.ロナウド選手とアルゼンチン代表・メッシ選手が5度ずつ受賞しているが、ロシアW杯では両選手ともにベスト16で敗退。

2人ともクラブではタイトル獲得に貢献しているため有力候補であるのには変わりないが、W杯での躍進を支えたエムバペ選手を今年のバロンドールに推す声は多い。

11月8日、エムバペ選手はロシア大会で自身が見せた活躍は、今年のバロンドール受賞を後押しするだろうと明かしている。

クリスティアーノ・ロナウドとリオネル・メッシは現在最も優れたサッカー選手だと主張した一方で、「今年は彼らのうちのどちらかが受賞するとは思わない。今年はW杯イヤーだったし、そこでの結果やパフォーマンスが優先されるから」と発言した。

1998年、W杯を制したフランス。同年バロンドールを受賞したのはフランスのジネディーヌ・ジダン選手だった。あれから、フランス人選手でバロンドールを獲得した選手は存在しない。

「率直に言えば、バロンドールの受賞を望んでいる。僕たちは大きなことを成し遂げた。不当だと言うのは強すぎるけれど、フランス人が受賞できなければ残念だ」(エムバペ選手)

20年越しにW杯で優勝したフランスから、20年越しにバロンドール受賞選手が生まれることになるのだろうか。

たとえ今年受賞できなくともまだ19歳という年齢を考えると、C.ロナウド選手やメッシ選手に引導を渡す最有力候補として名前が挙がり続けるだろう。

参考:https://lifebogger.com/ja/kylian-mbappe-childhood-story-plus-untold-biography-facts/http://www.uefa.com/memberassociations/news/newsid=2328542.htmlhttps://www.transfermarkt.com/kylian-mbappe/profil/spieler/342229

≪関連記事≫

キリアン・ムバッペ?エムバペ?名前の読み方で大混乱…FIFAの呼び方は?

エムバペ(ムバッペ)、“怪物”ロナウドばりの快足を見せつける…1試合2発は“王様”以来60年ぶりの記録

エムバペ(ムバッペ)はメッシ、クリロナとの世代交代を果たせるか

エムバペの悪童化を心配する声…遅延行為はネイマールからの影響?

ベルギー代表・コンパニが優しい!遅延行為のエムバペを優しく抱きかかえる

グリーズマンってどんな人?生い立ちや人柄に迫る…「第2の祖国」と呼ぶウルグアイとの関係性

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

フランス代表