巨人の新助っ人・ビヤヌエバってどんな人?26歳で大谷翔平とともに月間最優秀新人に選出された苦労人

サンディエゴ・パドレスに所属するクリスチャン・ビヤヌエバ選手を読売ジャイアンツが獲得、という情報がMLB担当記者のツイートによって日本に流れてきた。

当初、ビヤヌエバ選手は阪神タイガース入りが報道されたが、巨人入りに訂正。インセンティブを含め年俸約3億4千万という具体的な内容まで明かされている。

そしてついに巨人入りが正式に発表され、背番号は33に決まった。

今年の3.4月には、エンゼルスの大谷翔平選手とともに月間最優秀新人に選出されたビヤヌエバ選手。どのような選手なのか、成績や経歴について迫る。

 

View this post on Instagram

 

Se fuerte y valiente algunas veces hay que superar ciertas pruebas para poder alcanzar grandes bendiciones. 🙌🏼

Christian Villanuevaさん(@chrisvillanueva22)がシェアした投稿 –

メキシコ出身の遅咲きの苦労人

ビヤヌエバ選手はメキシコ出身の27歳。主に三塁手として起用され、昨年メジャーデビューを果たした遅咲きの苦労人だ。

(c)Getty Images

2008年にテキサス・レンジャーズと契約し、翌年にマイナーデビュー。MLB特有の7つの階級に分かれるマイナーリーグのうち、最下位組織のルーキーリーグからキャリアをスタートした。

ビヤヌエバ選手がプレーしていたマイナーリーグの下位階級は年俸水準が低く、多くの選手はシーズンオフにアルバイトをして生計を立てるほどビヤヌエバ選手は、このような環境からメジャーリーグを目指すこととなった。

徐々にステップアップ

デビュー2年目以降徐々に頭角を現し始め、3年目の2010年には中位のマイナーリーグで打率.278、17本塁打、84打点、32盗塁の好成績をマーク。

翌年も1つ上の階級でプレーし、2012年にトレードでシカゴ・カブスへ移籍した。2012年オフにカブスとメジャー契約を結び、40人枠(日本でいう1軍登録枠)入りを果たした。

ライバルの台頭

2013年には打率.317、19本塁打、72打点をマークするもメジャーデビューは果たせず、その後はカブス傘下で3Aと2Aという上位の階級を行き来することに。

2015年には同じポジションの大型新人、クリス・ブライアント選手がカブスでメジャーデビューを果たして主力に定着。2016年はケガのためプレーできず退団が決まり、パドレスとマイナー契約を結んだ。

念願のメジャーデビュー

2017年は3Aで開幕を迎えたビヤヌエバ選手。しかし9月にメジャー契約を結ぶと、そのまま念願のメジャーデビューを果たす。

2017年は打率.344、4本塁打、7打点で初めてのメジャーリーグでのシーズンを終えた。

2018年は、開幕直後から三塁手として起用される。スタメン2戦目となった現地時間4月3日のロッキーズ戦では3本塁打5打点の大暴れ。

3.4月に打率321、8本塁打、19打点をマークしてア・リーグの大谷翔平選手とともにナ・リーグ月間最優秀新人に選出された。

 

View this post on Instagram

 

🙌🏼vamos por más

Christian Villanuevaさん(@chrisvillanueva22)がシェアした投稿 –

1年間を通しては打率.236、20本塁打、46打点の成績をマークした。

巨人では退団したマギーの後釜に?

獲得が噂される巨人は、三塁手として活躍したケーシー・マギー選手が今シーズン限りで退団。その後釜の選手としてビヤヌエバ選手に白羽の矢が立ったと考えられる。

(c)Getty Images

ただ、メジャーで守っていた三塁手には期待の若手・岡本和真選手もいるため、巨人でどのような起用をされるのか注目だ。

≪関連記事≫

日本ハム入りが噂の“台湾の大王”王柏融(ワン・ボーロン)ってどんな人?打率4割と三冠王の最強打者!経歴や日本との関わりに迫る

巨人の2018年ドラフト1位指名は根尾昂?補強ポイント・過去のドラフトの傾向から考察

最下位から巻き返したい阪神…補強ポイント・過去の傾向から2018年ドラフト会議指名選手を考察する

2018ドラフト会議速報!12球団が1位指名した選手の人柄

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

ドラフト1位候補の大阪桐蔭・藤原恭大ってどんな人?ストイックすぎる反面、意外な素顔も…?

2018年夏の甲子園で、史上初の2度目の春夏連覇を果たした大阪桐蔭高校。甲子園開幕前から優勝候補筆頭に挙げられ、そのプレッシャーをはねのけ、前評判通りに結果を残した。

そんな大阪桐蔭打線の4番を担ったのが藤原恭大選手。

甲子園出場を決める北大阪大会決勝戦では6安打1本塁打6打点という驚異的な成績を残し、その活躍ぶりに全国の野球ファンが驚愕した。

甲子園では打率.462、本塁打3本、打点10という成績を残し、U-18侍ジャパンでも4番として日本打線を牽引した。

 

View this post on Instagram

 

みなさんお待たせしました! 大阪桐蔭取材、2人目は藤原恭大選手です❗️ 去年、U18日本代表としてプレーしたとき、清宮幸太郎選手に高校通算108号HRの手袋をもらったそうなんです! 今も大事に飾ってるんだとか! 「喋るのが苦手です💦」と緊張気味だった藤原選手、 照れながらもバッチリ答えてくれました😊 次回は優勝投手のあの人! #ABCテレビ #高校野球 #大阪桐蔭 #藤原恭大 #清宮幸太郎 #手袋 #緊張気味 #熱闘甲子園 #古田敦也 #嵐 #相葉雅紀 #ヒロド歩美 #甲子園への道 #夏のチカラ #カミワザ甲子園 #センバツ優勝

熱闘甲子園 ヒロド歩美 (ABCアナウンサー)さん(@hirodo_ayumi)がシェアした投稿 –

ドラフトでは千葉ロッテに指名される

10月25日に行われたドラフト会議では、3球団から1位指名される。抽選の結果、千葉ロッテマリーンズが交渉権を獲得。
プロ野球選手としての第一歩を踏み出した。

藤原選手の経歴

藤原選手は大阪出身。小学校時代は、西武の森友哉選手やソフトバンクの九鬼隆平選手を輩出したオリックス・バファローズjrに所属した。

中学からは名門の枚方ボーイズに入団。報徳学園の小園海斗選手ともチームメイトとなった。藤原選手と小園選手は、共に2年生でU-18侍ジャパンに選出された経験も持つ仲だ。

中学時代から数々の伝説

2018年9月2日に放送されたテレビ東京の番組「SPORTS ウォッチャー」は藤原選手を紹介。藤原選手の親友に話を聞くなど、藤原選手の素顔に迫った。

腕相撲最強伝説

バッターボックスに立つ藤原選手を見て、真っ先に視線が行くのがその腕。見事に鍛え上げられた腕は腕相撲でも無類の強さを誇る、とチームメイトの柿木選手も語っている。

中学時代には10歳年上の先生相手に腕相撲で圧勝した経験もあり、不敗神話を築いている。

驚異的な身体能力

藤原選手は腕だけでなく、圧倒的な身体能力も誇る。50メートル5秒7をマークし、中学時代にはジュニアオリンピックの記録に迫るほどの跳躍力を見せるなど、日本人離れした身体能力の持ち主。

中学時代から最速140キロをマークするほどの強肩を誇り、現在も遠投110メートルを投げるとされている。

その身体能力の高さから、将来はソフトバンクの柳田悠岐選手のようになるのではないかと期待を寄せているファンも多い。

意外な欠点も…?

完璧にも見える藤原選手だが、チームメイトの柿木選手は「部屋汚いです」と弱点を暴露。「きっちりしてるのはバット振ってる時だけ」と明かし、藤原選手の意外な一面が明らかになった。

また、友達と遊ぶ際、必ずと言っていいほど待ち合わせに遅刻していたことが発覚。その理由としては「素振りして行くから遅れる」と答えたそう。

藤原選手のストイックすぎる一面も明らかになった。

ドラフト1位指名は確実視

走攻守三拍子揃った高校生外野手として高い評価を受ける藤原選手。若手外野手が不足している球団は多く、数年後にはチームの顔ともなりうる選手だけにどの球団も欲しい人材であることは間違いない。

ただ、チームメイトの根尾昂選手の人気も非常に高く、共に戦ってきた良きライバルとして悔しい思いもあるだろう。

いずれにせよ、藤原選手がどの球団に入団するのか10月25日のドラフト会議に目が離せない。

≪関連記事≫

2018プロ野球ドラフト会議直前!注目選手と各球団の動向、ファンの反応は?

最下位から巻き返したい阪神…補強ポイント・過去の傾向から2018年ドラフト会議指名選手を考察する

本命は根尾昂?中日ドラゴンズの2018ドラフト1位指名予想

進学取りやめに野球ファンの反応は?金足農業・吉田輝星がプロ志望を表明!

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

日本ハム新加入・王柏融(ワン・ボーロン)ってどんな人?経歴や成績を振り返る

2018年、ソフトバンクの2年連続日本一という結果で幕を閉じたプロ野球。2019シーズンに向け、春季キャンプも始まっている。

各球団の新戦力が活躍を期待される中でも注目なのは、日本ハム新加入の台湾出身の王柏融(ワン・ボーロン)選手だ。

王選手は昨シーズンまでCPBL(台湾プロ野球)のLamigoモンキーズに所属し、2年連続で打率4割超えをマークするなど世界的に注目を集めている。

 

View this post on Instagram

 

不管在什麼狀態下, 都是用最正面的態度去迎戰, 沒什麼好找藉口的。 還沒結束,全力以赴。

王柏融さん(@wangpojung)がシェアした投稿 –

阪神、ロッテ、西武などのスカウトが視察に訪れるなど、複数の日本球団が獲得に興味を示し、王選手本人もポスティングでの日本球界移籍を希望。日本ハムが優先交渉権を獲得し、2019シーズンから日本ハムでプレーすることが正式に決定した。

日本ハムは2018年に大砲候補として獲得したオズワルド・アルシア選手や、2016年のパ・リーグ本塁打王ブランドン・レアード選手が退団したことから王選手獲得に踏み切ったと考えられる。

今回は台湾野球史上最高の選手と言われる王選手の経歴についてまとめてみた。

大学野球を経てプロの世界へ

元々は投手出身で、負けず嫌いな少年だったという王選手。

2014年のアジア競技大会で大学在学時にチャイニーズタイペイ代表に選出されると、全試合で6番ライトで先発出場を果たす。4割を超える打率を残してチャイニーズタイペイ代表の銀メダル獲得に貢献。

当時の監督も王選手の打撃と守備の両面に太鼓判を押した。

プロの世界で才能が開花

2015年、CPBL(台湾プロ野球)のLamigoモンキーズに入団すると、ルーキーイヤーながら29試合に出場して9本塁打、29打点、打率.324をマーク。

 

View this post on Instagram

 

這一夜,將深深烙印在心裡。未來的路還很長,有了好的開始,期盼接下來的日子更加精進。

王柏融さん(@wangpojung)がシェアした投稿 –

すると翌年には、116試合で200安打、本塁打29本、打点105、打率.414という驚異的な成績を残し、シーズン最優秀選手・ゴールデングラブ賞など6つの個人タイトルを獲得した。

2年連続打率4割超えという偉業を達成

一躍スターダムに上り詰めた王選手は、2017年も好調を維持。

相手チームのマークも厳しくなる中、打率407、31本塁打、101打点と、2年連続打率4割をマークして三冠王を獲得した。

プロ入り後3年間の平均打率.402は日本球界では考えられない数字だ。

今年は打率.351、17本塁打、84打点とやや調子が落ちたが、4年連続打率3割超えを達成し、注目の的であることには変わりない。

2015年のプレミア12にも出場

王選手は2015年に行われた世界のトップ12ヵ国によって競われる国際大会「プレミア12」にチャイニーズタイペイ代表として出場した。

チャイニーズタイペイ代表はグループリーグ敗退となったが、王選手はここでも4割を超える打率をマーク。

国際舞台でも持ち前のバットコントロールを見せつけ、世界に通用することを証明した。

 

View this post on Instagram

 

精彩的一場比賽,我們都盡力了,謝謝你們的相挺和鼓勵!

王柏融さん(@wangpojung)がシェアした投稿 –

過去には日本相手にも本塁打

2017年のワールドベースボールクラシック(WBC)は所属チームがボイコットしたため出場は叶わなかったが、CPBL選抜として日本代表の壮行試合に出場。

そこで、楽天のエース・則本投手から特大のホームランを放つなど、この試合で3打数3安打の成績を残し、日本の野球ファンを震撼させた。

 

View this post on Instagram

 

細心、高規格的後勤團隊 是這次交流賽不可或缺的幕後功臣 讓我們能夠發揮出自己最佳的狀態 謝謝你們!

王柏融さん(@wangpojung)がシェアした投稿 –

2018年11月には千葉ロッテと親善試合

2018年11月9日〜11日に所属するLamigoと千葉ロッテで親善試合を実施。「日台バトルカップ」と称され、台湾で3試合を戦った。

2戦目まで無安打だった王選手だが、最終戦でマルチ安打を記録。チームの初勝利に貢献し、自身も日本球界入りへアピールした。

日本ハムでの活躍に期待

昨年、韓国リーグで2年連続3割30本100打点を達成したロサリオ選手が鳴り物入りで阪神に入団するも、日本の野球に適応できず成績が低迷してしまった。

このような前例もあるだけに、王選手にも過度な期待は禁物かもしれない。

しかし、WBC直前の日本の投手相手にも十分に戦えることを証明した上、キャンプ中の練習試合でも連続安打を記録するなど、日本にも適応した様子を見せるだけに、王選手にかかる期待は大きい。

過去のオフに観光で訪れるなど、日本に好意的な印象を持っているようだ。

 

View this post on Instagram

 

世界遺產-清水寺

王柏融さん(@wangpojung)がシェアした投稿 –

“台湾の大王”の愛称で親しまれる王選手の日本ハムでの活躍に、注目が集まる。

≪関連記事≫

中日ドラゴンズ・ビシエドがかわいいと話題に…温和な性格の助っ人は首位打者獲得へ絶好調

大阪桐蔭・根尾はポケモンに例えるとイーブイ?遊撃手、投手、外野手…様々な進化系を秘める

柿木蓮はいじられキャラ?侍ジャパンU-18のオフショットに反響

【甲子園】金足農・吉田輝星と桑田真澄の姿を重ねる声…「みちのくの桑田」と称される投球術

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

プロ野球(NPB)