マルコム・マークスってどんな選手? 南アフリカが誇る「世界最高のフッカー」

熱戦が続く『ラグビーワールドカップ2019日本大会(W杯)』。

日本代表は予選プール4試合を戦い、アイルランド代表やスコットランド代表といった格上にも勝利。前評判を大きく覆す4連勝を挙げ、史上初のベスト8進出を果たした。10月20日に行われる準々決勝では南アフリカ代表(スプリングボクス)と対戦する。

前回大会では日本代表にまさかの敗北を喫したスプリングボクス。今大会で指揮を執るヨハン・エラスムスHCも「日本のベスト8入りに関して驚きはない」と発言。世界ランキング5位(10月18日時点)の強豪だが、リベンジに燃え、日本代表への油断は一切ない。

そんなスプリングボクスでフッカー(HO)を務めるのが、マルコム・マークス選手。このポジションで世界最高の選手との呼び声も高い。

22歳で南アフリカ代表デビュー 2017年の国内表彰式では3冠

(c)Getty Images

マークス選手はユース時代からスーパーラグビーに出場する南アフリカの名門・ライオンズでプレーし、注目を集めてきた。

2016年にはアドリアーン・ストラウス選手の後継HOとして、22歳の若さでスプリングボクスに選出。スターへの階段を駆け足で登っていく。

2017年の南アフリカラグビー表彰式では、最優秀選手、最優秀若手選手、スーパーラグビーMVPの3冠を獲得。

2018年には、ワールドラグビーの年間最優秀選手候補にもその名前が挙がった。

驚異的なパワーに器用さも兼ね備える

(c)Getty Images

そんなマークス選手の持ち味は驚異的なパワー。スクラムやモールでは力強く味方を前進させ、自らトライを決める決定力も備える。

また高校時代まではフランカー(FL)のポジションでプレーをしていたことからパスのスキルも高い豪快さと器用さを兼ね備えたHOだ。

W杯には今回初出場 大会後は日本のチームでプレー予定

W杯は今大会が初めての出場。10月20日の日本戦にはリザーブとして登録されている。

また、W杯終了後は日本のトップリーグ、NTTコミュニケーションズ・シャイニングアークスでプレーすることが決まっている。

世界最高峰の選手が加入することで、日本のラグビー全体のレベルアップにも繋がると期待されている。

 

この投稿をInstagramで見る

 

. Let’s go @malcolm_marx ! 10月20日(日)19:15ko@東京 南アフリカ🇿🇦対日本🇯🇵戦に マルコム選手が出場予定です! 是非ノーサイドの精神で、マルコム選手はじめ 南アフリカの代表選手たちへもご声援ください!! @bokrugby . #gothedistance #gambatte #southafrica #malcolmmarx #RWC2019 #BRAVEを届けよう #shiningarcs #シャイニングアークス #ラグビー #rugbyjp #topleague #underarmour #rugby #トップリーグ #nttcom #NTTコミュニケーションズシャイニングアークス #グラウンドで会いましょう #今年はラグビーイヤー #アークス浦安パーク #浦安 #ラグ女

NTT Communications ShiningArcsさん(@shiningarcs_official)がシェアした投稿 –

母子家庭で育ち、少年時代は様々なスポーツを経験

母子家庭で育ったマークス選手。少年時代にはサッカーやクリケット、水球などもプレーした上で、最もフィットしたラグビーの道に進んだ。

アスリートとしての成長を女手一つで支えてくれた母に対する思いは人一倍強く、SNSで感謝の思いを綴ったこともある。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Happy mothers day to the most amazing mom..really appreciate everything you do for me..#blessed#bestmomintheworld

Malcolm Marxさん(@malcolm_marx)がシェアした投稿 –

2015年の前回W杯で行われた日本代表対スプリングボクスの試合は、日本代表が大方の予想を覆しての勝利。『ブライトンの奇跡』と称される大金星を挙げた。

それから4年。新たな選手たちの活躍もありベスト8まで勝ち進んだ日本代表だが、新戦力の台頭は南アフリカも同じ。マークス選手もその中のひとりだ。

ラグビーW杯2019 準々決勝 日本代表対南アフリカ代表』は10月20日に行われる。日本代表がさらなる躍進を見せるか。スプリングボクスが前回大会のリベンジを果たすか。世界の注目が集まる1戦だ。

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

マルコム・マークス