マロ・イトジェってどんな選手?オールブラックス撃破の立役者になったイングランドの若きスター

『ラグビーワールドカップ2019日本大会(W杯)』もいよいよ大詰め。

10月26日に行われた準決勝第1試合では、イングランド代表が大会2連覇中の絶対王者ニュージーランド代表を破り、世界に衝撃を与えた。

この試合でプレイヤー・オブ・ザ・マッチ(POM)に選ばれたのが、イングランド代表のロック(LO)を務めるマロ・イトジェ選手だ。

19歳でプロデビュー ジョーンズHCに見出されイングランド代表入り

(c)Getty Images

ナイジェリア人の両親を持つイトジェ選手は、1994年にロンドンで生まれた。

天性の身体能力を持ち、少年時代から様々なスポーツをプレー。バスケットボールや砲丸投げでも17歳以下のイングランド代表に選ばれた経験を持つ。

ラグビー選手としても各年代で代表に選出され非凡なセンスを見せ、イングランドの名門サラセンズから19歳の時にプロデビューを果たした

2016年の欧州6カ国対抗(シックス・ネイションズ)では、イングランド代表を率いるエディー・ジョーンズHCに見出され代表初選出。同年の最優秀新人にも選ばれ、その存在は世界の注目を集めるところとなった。

圧倒的な身体能力で活躍 愛称は「スーパーマロ」

(c)Getty Images

195cm115kgの巨体が生み出すパワーに加え、試合を通して走り続ける機動力も持ち合わせるイトジェ選手。ジャンプ力にも優れ、ラインアウトでの強さは圧倒的

スーパーマロ』の異名を取り、「ラグビー選手として必要な能力の全てを持っている」と評されることさえある。

空中戦の強さでオールブラックスも圧倒

(c)Getty Images

現在開催中のW杯でもイトジェ選手は躍動。大方の予想を覆しての勝利を挙げた10月26日のニュージーランド戦ではいっそう輝いた

特にラインアウトでは持ち前の強さを見せ、7度のキャッチ成功。ニュージーランド撃破の原動力となり、プレイヤー・オブ・ザ・マッチ(POM)にも選出された。

イトジェ選手は11月2日に行われる南アフリカでの決勝戦にも先発が予定される。

40日以上に渡ったW杯の最終戦を制し、優勝杯を手にするのは果たしてどちらのチームか。

≪関連記事≫

エディー・ジョーンズHC、決勝戦前日にも高校生を指導 ゆかりのある府中にて

イングランド代表、サンゴリアス大越元気に感謝のサイン入りジャージ「練習を手伝ってくれてありがとう」

イングランド代表 コートニー・ローズ、決勝戦を前に「特別なことをする必要はない」

マヌ・ツイランギも大はしゃぎ イングランド代表がボウリング大会

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

マロ・イトジェ