【箱根駅伝】青学大のエース、森田歩希ってどんな人?…乃木坂46の齋藤飛鳥が大好き

2019年1月2〜3日に行われる第95回箱根駅伝。史上初となる2度目の学生駅伝3冠と、箱根史上3校目の5連覇を狙う青学大のエース、森田歩希(ほまれ)選手に注目が集まっている。

森田選手は茨城県出身。青山学院大学の社会情報学部社会情報学科に在学中だ。中学時代、5000mで14分38秒99という中学日本記録(当時)を樹立したことがある。

大学三大駅伝デビュー戦となった2016年の全日本大学駅伝では、6区で区間賞を獲得し、MVPに輝いた。

2017年の第93回箱根駅伝では4区を区間2位で駆け抜け、箱根3連覇と大学駅伝3冠に貢献。

2018年の第94回箱根駅伝では2区を走り、1時間7分15秒のタイムで区間賞を獲得している。

青学大陸上部の主将

2018年度の最終学年時では、青学大陸上部の主将を務めている。

高校時代…青学大の入学を決意したきっかけ

出身は竜ヶ崎第一高等学校。茨城県有数の進学校であり、文武両道を心がけていたことが伺える。

高校時代は怪我も多く無名の選手に近かったが、高校2年生の時点で青山学院大学の原晋監督に心肺機能を評価される。このことがきっかけで、青学大の進学を決意したそうだ。

父親の影響も

父親は元陸上競技選手の森田桂さん。國學院大学の陸上競技部に所属していた。

その後、実業団の日清食品グループに進み、母校である國學院大学陸上競技部の監督に就任。チームを初の箱根駅伝出場に導いている。

森田選手は、「(父が)監督をやっていたので、練習の組み立てとかわかるのでアドバイスをもらったりした」とテレビ番組で明かしており、父の影響を受けて陸上を続けてきたといえるだろう。

卒業後の進路は?

森田歩希選手の卒業後の進路は、GMOインターネットの陸上競技部である「GMOアスリーツ」。監督は花田勝彦氏で、アドバイザーとして青山学院大学の原監督が関わっている。

齋藤飛鳥への愛

森田選手は乃木坂46のファン。なかでも、齋藤飛鳥さんが「推し」のよう。

12月13日の記者会見で、「駅伝で快挙を成し遂げた時、欲しいものは」と問われたときに「齋藤飛鳥さんに会いたい」と明かすほどだ。

本人のSNSを見ると、齋藤飛鳥さんへの愛情が伝わってくる投稿が多数。

 

View this post on Instagram

 

LIVE行けないけど寮で気分だけでも満喫しよー‼︎ 祐也ありがとう😊 #乃木坂46 #6thyearbirthdaylive #齋藤飛鳥

森田 歩希さん(@homare_0629)がシェアした投稿 –

 

View this post on Instagram

 

買うしかないよね。 #齋藤飛鳥 #LUX

森田 歩希さん(@homare_0629)がシェアした投稿 –

また、「青学大陸上競技部(長距離ブロック)」のアカウントに登場するときは、何度も齋藤飛鳥さんの名言を引用している。

本人にお会いできるといいですね!

《関連記事》

東洋大陸上部が箱根駅伝の壮行会に登壇!全国の東洋大応援団の声を受け頑張ってほしいと激励される

酒井監督の分析は「鍵は7区と8区」…東洋大、青山学院のリベンジに燃える!

ケンブリッジ飛鳥、プロ転向して変わったこと。31秒の沈黙の後、口を開いた

大迫傑はなぜ結果を出せる?…専属コーチが語る、アメリカと日本の指導法の違い

キプチョゲはなぜ走り続ける?……真の成功者とは何か

桐生祥秀、土屋太鳳からのバトンパスに興奮隠さず「男としていい経験になりました」

土屋太鳳、地元の渋谷区で桐生祥秀にバトンパス!まるで「1人気分オリンピック」?

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

森田歩希