ケンブリッジ飛鳥、一般イベントで全力疾走しすぎて「キツい…。助っ人が欲しいです」

ナイキジャパンは、ランニングと⾳楽体験を融合させた新感覚イベント「ナイキ TOKYO GOフェス」を4⽉21⽇と22⽇の2⽇間、六本木のnicofarreで開催。

このイベントは最新のランニングシューズ、「ナイキ エピック リアクト フライニット」販売も記念している。

21日には、ゲストとして2016年リオデジャネイロオリンピック4×100mリレー銀メダリスト、ケンブリッジ飛鳥選手が登場。

トークセッションでは「今シーズンはオリンピックにつながるいいシーズンにしたい」と意気込んだ。

また、ナイキの同シューズについて、「履いたときの安定感がある。反発もすごくもらえるし、毎日履いている。お気に入り」と惚れ込んでいる様子をアピールした。

「ナイキ エピック リアクト フライニット」

4人分の距離を全力疾走

イベントでは、ランニングマシーン上で、一般来場者4人分の走行距離を休憩を交えつつ1人で走りきった。

MCの「俊足でぴゅーんとクリアできるよね?」という発言には苦笑いしつつも、大勢の来場者の目の前で全力疾走。「速い!!」と歓声が上がった。

とはいえ、流石のケンブリッジ選手も4人分の距離を、かなりの速度で走るのはキツかったようで、「キツい…。助っ人が欲しいです」とこぼすシーンもあった。

しかし、終盤には感想を求められると「最高です!」と持ち前の明るさと笑顔で会場を沸かせていた。