【ジャパンダートダービー/馬連2点勝負】牝馬ウェルドーンはバッサリ、スマッシャーから相手2点で仕留める

14日、大井競馬場では3歳のダート王決定戦、ジャパンダートダービー(JpnI、大井ダ2000m)が行われる。

今年は、3連勝で関東オークス(JpnII、川崎ダ2100m)を制し、牝馬として史上初の同レース制覇を狙うウェルドーン(牝3歳、栗東・角田)をはじめ、同じく3連勝で兵庫チャンピオンシップ(JpnII、園田ダ1870m)を制したリプレーザ(牡3歳、栗東・大根田)、出世レースと言われるユニコーンS(GIII、東京1600m)覇者のスマッシャー(牡3歳、栗東・吉岡)など、多彩な重賞ウイナーが顔を揃えた。

東京ダービーの覇者アランバローズの回避で、地方勢は小粒なメンバーとなったが、中央馬7頭、地方馬6頭が世代の頂点を争う真夏の大レース。果たして、砂のダービー馬に輝くのはどの馬なのか、過去のデータを基に予想していきたい。

■ダートはあくまで牡馬が中心

まず、牝馬のウェルドーンをどのように考えるか、ここが勝負の分かれ目になるだろう。ウェルドーンはデビュー6戦目で初勝利を挙げた叩き上げの馬。9戦目で1勝クラスを突破すると、オープン特別の鳳雛Sを制し、前走の関東オークスでは、南関東牝馬二冠のケラススヴィアを破り、3連勝と勢いに乗っている。

しかし、ジャパンダートダービー史上、いまだ牝馬による優勝はなく、2004年に2着となったアクイレジアが最高着順。近年、牝馬の活躍は目覚ましく、日本ダービーでは07年にウオッカが史上3頭目の牝馬によるダービー制覇。昨年の牡牝混合の芝GIは、10戦中8戦が牝馬による勝利と、まさに牝馬隆盛の時代である。

この流れに乗って、ウェルドーンにも牡馬の壁をあっさり、と期待したいことろだが、ダート界では、やはり牡馬優勢が続いている。01年以降、中央で行われたダートGIにおいて、牝馬の優勝は15年チャンピオンズカップのサンビスタ1頭のみ。牝馬の成績は【1-0-1-40】(18年JBCレディスクラシックは除く)と、馬券圏内はわずか2頭だ。

■ジャパンダートダービーは牝馬にとって高い壁

ジャパンダートダービーでも、過去20年の牝馬の成績は【0-1-0-18】で、前記アクイレジアが連対を果たしただけ。11年に牝馬ながら南関東二冠を果たし、三冠を狙った船橋のクラーベセクレタも、3着に敗戦(後に失格)と、高い壁に阻まれている。

また、前走の距離別成績を見ても、ダ1600mが3勝2着2回3着5回、ダ1800mが5勝2着3回3着1回、ダ1870mが1勝2着2回3着1回と、距離延長組が優勢を占め、前走ダ2100mから臨むウェルドーンにとっては嫌なデータ。唯一の拠りどころは、武豊騎乗により、人気を集める点だろうか。

ジャパンダートダービーは、昨年こそ3連単77万730円と大荒れのレースになったが、過去10年、連対20頭中18頭が4番人気以内で、単勝平均配当830円、馬連平均配当が2740円と堅調なレース傾向。1番人気が5勝2着2回3着1回と、人気サイドが勝利を収める傾向にある。

武豊人気で1番人気に支持される可能性もあるが、レース史上一度も勝ったことのない牝馬が人気を集めるということは、逆にこの馬をバッサリ切ってしまえば、“オイシイ”配当にありつける可能性は高い。

◆【JDD2021予想/馬連2点勝負】ウェルドーンは“消し” ◎→◯▲2点と絞りに絞った勝負の結論

ちなみに、関東オークスを制してジャパンダートダービーへの挑戦といえば、08年のユキチャン&武豊が思い出される。この時は、じんましんを発症して競走当日に除外となってしまったが、今年、同様のローテで臨むのがウェルドーン&武豊。果たして13年ぶりのリベンジとなるかどうか、その点は注目したい。

過去20年、中央馬の連対馬18頭中、12頭がダート重賞かオープン特別で1着。残る6頭中5頭が、先述の条件で連対を果たしており、または古馬相手の2勝クラスで勝利を果たしている。地方馬の連対2頭は、いずれも東京ダービー1着馬で、今年は該当馬はなし。つまり、今年の連対候補は絞られるというわけだ。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします