【テニス】大坂なおみ、電光石火の全豪4強入りを地元紙も称賛「恐怖のコンビネーション」

大坂なおみ(2021年2月16日) (C)Getty Images

テニスの四大大会、全豪オープンは16日、女子シングルスの準々決勝がオーストラリアのロッド・レーバー・アリーナで行われ、世界ランキング3位で第3シードの大坂なおみ(日本)が同71位のシェ・シュウェイ(台湾)に6-2、6-2のストレート勝ち。自身全豪通算20勝目を挙げ、杉山愛を抜いて日本女子の歴代最多勝利となった。

◆【画像】全豪オープン公式Twitterが紹介した大坂の「レベルが違う」鮮やかな試合用スニーカー

2年ぶり2度目の全豪制覇を狙う大坂は、技巧派ベテランのシェを寄せ付けず、わずか66分で完勝。この日のサーブは最速196キロで7本のエースを奪った。

試合後の大坂はオンコートインタビューで「本当に今日の試合には満足している。このようなスコアにはなったけど、自分にとっては戦いだった」と振り返り、シモナ・ハレプ(ルーマニア)とセリーナ・ウィリアムズ(米国)の勝者と対戦する準決勝についても「楽しみな試合になる」と語った。

■相性の良いハードコートで躍動、昨年からの連勝も「19」に

大会公式サイトは試合後の速報で「(大坂は)完璧な試合運びで24本のウィナーを決め、自身のファーストサーブでは2ポイントしか失わなかった」と報じた。

また、WTA公式サイトは大坂とハードコートの相性の良さに触れ、「いとも簡単に66分で勝負を決めたオオサカは、4度目のメジャータイトルまであと2勝となった。かつて世界ランク1位にもなったオオサカは、引き続きハードコートで抜群の相性を発揮している」と紹介している。

順調に4強まで駒を進めた大坂については地元紙「The Sydney Morning Herald」も注目。

「バーティよ、気をつけろ。オオサカが怒涛の準決勝進出」と報じた記事では、「3度のグランドスラム制覇を誇るオオサカは、パワーとプレースメントによる恐怖のコンビネーションを見せつけ、1時間ほどで勝利した」と大坂の試合運びに賛辞を送りつつ、地元オーストラリアの期待を集めるアシュリー・バーティが全豪制覇を果たすうえでの“壁”になるとしている。

大坂はこの日の勝利で、試合前棄権を除き2020年8月からの連勝を「19」に伸ばした。過去の四大大会で大坂が準々決勝まで進出したのは3度あるが、そのいずれも優勝を果たしている。

【テニス】大坂なおみ、188キロ弾丸サーブで全豪好発進 現地では大坂の“ギャップ”にも注目

日本人が知らない人種差別と戦う大坂なおみの偉業

今を輝くテニス新女王アシュリー・バーティの朝活

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします