大坂なおみ、全米オープン優勝も試合後にバナナをパクリ…ネット上では「かわいい」「大物」

大坂なおみ選手(20=日清食品)が男女を通じて日本初となる4大大会シングルス優勝の快挙を成し遂げた。ネット上では「ラスボス」とも称されるセリーナ・ウィリアムズ選手を破り、全米オープン初制覇。大会後の世界ランキングは世界ランキング19位から7位に浮上。優勝賞金380万ドル(約4億1800万円)を獲得した。

試合は、客席からのコーチからの指導の疑いで警告を受けたセリーナ選手が、主審を「泥棒」と罵り、ゲームペナルティが課せられポイントやゲームを失う荒れた展開に。地元のセリーナ選手に声援を送っていたファンから大きなブーイングが起こっていたが、大坂選手は気持ちをぶらさず、6-2、6-4のストレートで勝利した。

(Photo by Mohammed Elshamy/Anadolu Agency/Getty Images)

試合後にバナナ?

優勝を決めた試合後、表彰式がはじまる前の時間帯にバナナを涙目でほおばっていた大坂選手の姿に心を奪われたファンが多かったようだ。「かわいい」「大物」「笑ってしまった」などの声がネット上ではあがっていた。

「抹茶アイスを食べたい」

大坂選手によると、バナナを食べるのは「試合後の習慣だから」ということらしい。全米オープン優勝という夢を叶えたのにも関わらずいつもと同じ行動をとってしまう、マイペースさがファンの心に刺さっているようだ。ちなみにいまは、「抹茶アイスを食べたい」気分だという。

(Photo by Mohammed Elshamy/Anadolu Agency/Getty Images)

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします